10年ぶりの「震度5強」当日、東京タワーが真っ暗な都心を照らし続けたワケ SNSで6万人以上が話題に

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されています。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


通常、24時で消灯のはずが

 2021年10月7日(木)22時41分頃、千葉県北西部を震源とする地震があり、足立区などでは震度5強を観測しました。東京23区で震度5強を観測するのは、2011年3月11日(金)の東日本大震災以来です。電車などの公共交通機関が止まり、帰宅がままならず不安を抱えるその夜に、都心をまぶしく照らすオレンジ色の明かりがありました。

2021年10月8日未明に撮影された東京タワー(画像:Nanamoさんのツイート)



「やけに空がオレンジだなと思ったら東京タワーがすごく光っていた。(中略)ありがたいよね。東北大震災の時も同じく照らしていたんだって」

 そんなつぶやきをツイッターに投稿したのは、都内在住のNanamo the Thirdさん(@05Nanamo)。投稿時刻は日付が変わった8日(金)の未明2時29分。真っ暗な東京の都心を、燃えるような明るさで照らす東京タワー(港区芝公園)の画像が添えられていました。

「地上の灯台だ」との声も

「グッときました」
「不安と疲労感の中、ひたすら歩き続ける人達にとって明かりってホッとする物だと思います」
「東京タワーって道標(しるべ)にもなっているんですね」
「地上の灯台だ」
「現代の北極星」……

 Nanamoさんの投稿のリプライ(返信)欄には、そんな書き込みが次々と寄せられました。集まった いいね の数は、8日18時時点で6.1万件超。ご本人に話を聞きました。

3.11では徒歩帰宅の目印に

 震度5強の夜、東京タワーの明かりを見上げたとき、Nanamoさんは10年前の東日本大震災の記憶を思い出したと言います。

 当時も都内で被災。職場から徒歩で延々と歩き、何とか帰宅を果たしました。ずいぶん後になってから、3月11日当日、東京タワーが徒歩で帰宅する人々の目印になるよう「終夜点灯」を実施していたということを知りました。

 平時なら24時に消灯する東京タワー。しかし今回、Nanamoさんが画像を撮影したのは25時を回った時刻です。乗車中のタクシーの座席で外がやけに明るいことに気づき、点灯している東京タワーを発見。思わずスマートフォンのカメラを向けました。

「タワー付近の空がきれいにオレンジだったのと、強く光っていたのが印象的です。もしかしたら今回も(東日本大震災のときと同じように)意図して点灯させているのかなと推測してしまいました」

東京タワー(画像:写真AC)



 投稿のリプライ欄にも、

「ニュース映像見て、東京タワー上空の異様な明るさはなんだろう、と思ったんだけど、これだったのね」
「TVからでも東京タワーめちゃ光ってるなぁと思った」
「東京シンボルマークの矜恃(きょうじ)を感じました」

といった声が。

 実際、東京タワーはこの夜、震度5強の地震を受けて特別なライトアップを実施していたのでしょうか。

偶然の点灯が照らした希望

 東京タワーの広報担当に取材を試みたところ、意外にも「実は、昨晩(7日夜から8日未明)はイレギュラーなライトアップはしておりません」という回答が返ってきました。

「ご存じの通り通常は24時で消灯するのですが、昨晩は塔体(とうたい)の中で施設管理のための不定期の工事を行っていて、その作業のために点灯していたのです」

 24時以降の点灯と地震発生の日が重なったのは、なんと偶然。東京タワーへは複数のメディアから、この夜のライトアップの意味について確認する問い合わせが入ったと言います。

 しかし、その偶然の点灯に多くの都民が温かみや希望を見いだしたのもまた事実です。

 なかには東日本大震災時の「終夜点灯」にあらためて感謝の言葉を述べるツイッターユーザーもおり、10年前の取り組みを覚えている都民が今もいることについて、担当者は「大変光栄に思っています」と話していました。

 ちなみに工事による未明の点灯の日程などは、保安上の理由から公表していないとのことです。

東京タワーは「心の灯火」

 投稿者であるNanamoさんは、地震の夜、真っ暗な真夜中の街に東京タワーの明かりを見つけたときの思いを

「きれいに強く光っている姿は心を動かされましたし、見守ってくれてるようにも感じました」

と振り返ります。今回の発災によりあらためて東京タワーの存在感を実感した都民も多かったようで、ツイッター上には

「東京タワー……ほんとになくさなくてよかった。夜景に、ポツンと見える東京タワーが美しくて好き。あるとないじゃ風景が全然違う」
「東京タワーは単なる電波塔やシンボルではなく、都民の心の灯火(ともしび) いつもあの灯りを見てホッとしています」

といった声が多数見られました。

通常時のライトアップ(画像:写真AC)



 テレビ電波塔の役割を終えてなお、その存在そのものが人々に愛され続ける東京タワー。心細い災害の夜にも、多くの都民を励まし、勇気づけてくれたのでした。


【画像】東日本大震災で曲がったとみられるタワーの頂上部(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211008_tower_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_tower_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_tower_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_tower_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_tower_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画