手土産の定番「ヨックモック」のミュージアムが渋谷区にあった! ファン垂涎のグッズも多数登場していた

身近な手土産で知られる洋菓子店・ヨックモック。そんなヨックモックの魅力と、2020年にオープンしたミュージアムについて、ライターの佐倉静香さんが解説します。


新しい建物をめざして住宅地のなかへ

 訪問先への手土産といえばヨックモック(運営会社:ヨックモック、千代田区九段北)のお菓子、という人は多いのではないでしょうか。

 誰にでも好まれる優しいおいしさで人気があるヨックモックは、会社や家で空き缶が活用されていることでも知られています。そんなヨックモックが美術館の運営も始めていたことをご存じでしょうか。あの作家の作品や、入手必須のグッズもあるようです。

 ブランドショップが立ち並ぶ東京・表参道は、コロナ禍にあっても休日に多くの人がおしゃれなショップやカフェをめざしてやってくる街です。

 みずほ銀行や交番のある交差点から南。根津美術館方面へ向かうと、だんだん道が細くなって人通りも少なくなってきます。印象的な建築のプラダのショップを過ぎて少し進んだところに気品のあるお店があり、ここがヨックモックの青山本店(港区南青山)と直営カフェ「ブルー・ブリック・ラウンジ」です。

港区南青山にあるヨックモック青山本店(画像:(C)Google)

 通り側の青い外壁に対し、中庭のテラス等は外壁が白。賞を授かった経験もあるという雰囲気たっぷりの建築でいただくスイーツが、日常を忘れさせてくれます。午後にはコーヒーに大人気のお菓子・シガール(葉巻型のクッキー)がついてくるというしあわせなカフェ。入りたいところですが、通り過ぎて、住宅地のなかへと向かいます。

 きょうの目的地は、2020年にオープンした新しいカフェです。

 新しいカフェがあるのは、骨董通りを南に入った、首都高速3号線(六本木通り)からも近い「YMハウス」(同)のなか。ヨックモックのクッキーのような白さが際立って美しく、青色の瓦も心に残るYMハウスは、栗田祥弘(よしひろ)氏によってデザインされました。

 栗田氏は、隈(くま)研吾建築都市設計事務所に9年間在籍したのちに独立した人物。数々の受賞歴を誇る気鋭の建築家です。YMハウスは大きな建物ではありませんが、5年の歳月を費やしてつくられたそう。それだけのこだわりがあるといえるでしょう。コンセプトは「友人を招くようにみなさまをお迎えしたい」とのこと。

オープン1周年、友人の家のような美術館


【画像】50年前の表参道

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_yoku_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画