一目でわかったらドラマ通? 『相棒』ファンなら当然知ってる都内「屋外ロケ地」5選

第1話放送まであと1週間に迫ったテレビドラマ『相棒』。そんな同作で使われた都内の屋外ロケ地について、五つ紹介します。


20年目に突入する『相棒』の魅力

 警視庁特命係の杉下右京(水谷豊さん)が、同じく特命係に配属された者とコンビを組み、さまざまな事件に挑む人気刑事ドラマ『相棒』。2021年9月現在、「season19」まで放送されており、本日から1週間後の10月13日(水)からは「season20」の放送も予定されています。シリーズが20年続いているという点から、ファンの多さがうかがえます。

10月13日から放送される『相棒』の「season20」(画像:テレビ朝日)

『相棒』が根強い支持を集める理由のひとつは、社会性の高い題材を扱う点が挙げられるから、と筆者は考えています。

・旧社会保険庁の年金問題
・雇用/貧困問題
・VR(バーチャルリアリティー)

など、日々ニュースで目にする事柄を連想させるだけに、視聴者はよりのめり込んでしまうのではないでしょうか?。 もちろん題材を生かす素晴らしい脚本、俳優の演技も不可欠なのは言うまでもありません。

 そんな『相棒』ですが、これまでさまざまな場所で撮影がおこなわれてきました。そのなかから今回は、気軽に訪問できる上にリフレッシュもできる、都内の屋外ロケ地を五つ紹介します。

1.日比谷公園

 日比谷公園(千代田区日比谷公園)で有名なのが、直径30mもの池から吹きあがる大噴水。水の高さは12mにもなり、その迫力は強く印象に残ります。こちらは撮影スポットとして頻繁に使用されており、『相棒』でもしばしば使われています。

千代田区日比谷公園にある日比谷公園(画像:(C)Google)

 例えば「season3」第1話「双頭の悪魔」では、岸部一徳さん演じる小野田公顕(こうけん)、木村佳乃さん演じる片山雛子、そして杉下右京の3人が、並んで歩きながら話すというシーンがありました。このとき3人が歩いていたのが、日比谷公園の噴水のそばなのです。

 また飲食シーンでよく使われる公園内のカフェ「日比谷サロー」も見逃せません。「season5」第20話「サザンカの咲く頃」や「season8」第7話「鶏と牛刀」など、杉下右京と小野田公顕が一緒に食事するシーンでおなじみの店となっていました。こちらでは木々や色とりどりの花を見ながら、食事やビールを堪能できます。

●登場回
日比谷公園:「season3」第1話「双頭の悪魔」
日比谷サロー:「season5」第20話「サザンカの咲く頃」「season8」第7話「鶏と牛刀」

2.国会前庭(北庭)


【画像】都内「屋外ロケ地」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画