東京都心へ買い物に行けない今、再び「ワントーンコーデ」が流行っている必然的理由

長引く新型コロナ禍で、洋服の買い物も以前のように自由には行きません。東京都心では休業を決めた百貨店やショッピングビルも。代わりにインスタグラムなどのSNS情報を参考にコーディネートを研究する人はますます増えているようです。今回は「ワントーンコーデ」について具体例を紹介します!


いま必要なのは「失敗の少ないコーデ」!

 新型コロナ禍での緊急事態宣言が延長・拡大されて、都心などへ買い物に出るのが難しい状況が続いています。従業員の集団感染が確認されたことにより、臨時休業の措置を取る百貨店やショッピングビルも相次ぎました。

 おしゃれの最先端・東京都心へ行かれない今、あらためてSNS情報を参考にして洋服を選ぼうと考える人は少なくないようです。

 コロナ以前から若い世代はインスタグラムなどでトレンド情報をキャッチするのが定番となっていましたが、なかなか外出ができない現状、その傾向にいっそう拍車が掛かったと言えそうです。

 ただ、ファッションアイテムを買う際に気になるのは、その商品が手持ちの服に合うかどうか。「実際に試着してみないと不安」という人も少なくないでしょう。

 そんななか、あらためて見直されているのが「ワントーンコーデ」です。

ホワイト1色でまとめた、カジュアルながらも大人っぽいコーディネート。レーススカート rosebud(画像:miyuさん、mmiyuuuu)

 上下のアイテムを同系色でそろえるだけという手軽さで失敗が少なく、その上いつものコーデもおしゃれスキルがぐっとアップすると、3~4年前から注目されているコーディネート方法。

 今回は、ワントーンコーデのおしゃれに見える着こなしをカラー別に紹介してます。ぜひ皆さんも挑戦してみてください。

ワントーンコーデとは

「ワントーンコーデ」とは、ひとつのトーンでまとめたコーディネートの略ですが、トーンという言葉にはどのような意味があるかご存じですか?

 トーンとは、明るい、暗い、鮮やか、くすんだなどの色の調子のことを呼びます。

 ワントーンコーデにまだ挑戦したことがなく、どうすればかっこよく決まるか分からないという人も、色に縛られることなく明るい・暗い・くすんでいるなど、トーンをうまく組み合わせることで全体がまとまりやすく、おしゃれになります。

 さらに全身がワントーンでつながることで、すっきり縦長に、バランス良く見えるのもワントーンコーデの魅力です。

1. ホワイト


【画像】「ワントーンコーデ」8パターンを紹介!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210826_onetone_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_onetone_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_onetone_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_onetone_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_onetone_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_onetone_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_onetone_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_onetone_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画