西野カナ「会いたくて震える」からはや10年 若者の恋愛ソングはさらに「軽~く」なっていた

いつの時代も人々を魅了する恋愛ソング。とりわけ若者に人気の曲は、時代時代を映す鏡のような存在です。2020年のヒットソングは、過去の曲とどう違うのか? Z総研トレンド分析担当の道満綾香さんが、若者への調査を基に分析します。


西野カナと、瑛人・りりあ。の違い

「会いたくて 会いたくて 震える」という歌詞が印象的な西野カナの楽曲、その名も「会いたくて 会いたくて」が発売されたのは2010年5月。若者の恋愛ソングの代表のように語られてきたこの曲も、発表からすでに10年がたっているというから驚きです。

 恋愛ソングは、いつの時代も若者に人気のジャンル。皆さんも、甘酸っぱい青春を思い出す懐かしの曲がひとつやふたつ、あるのではないでしょうか。

2010年5月に発売された西野カナのシングル「会いたくて 会いたくて」(画像:SME)

 Z世代(1996~2012年に生まれた若者たち)の流行や価値観について調査・分析している私たち「Z総研」は今回、東京などに住むZ世代の女性50人に対して恋愛ソングにまつわる定性調査を行いました。

 アーティストとして最も多かった回答はofficial髭dismですが、票はかなり割れていてMrs.GREEN APPLEやTWICE、中には中森明菜と答える女子も。Z世代の趣味嗜好(しこう)が多様化していることをあらためて感じさせる結果となりました。

 一方、SNSから人気に火が付いたアーティストや曲名がいくつも挙がったのは、この世代の特徴と言えるかもしれません。

 代表的なのが、23歳のシンガー・ソングライター瑛人(えいと)の「香水」と、顔を隠して活動する、りりあ。の「浮気されたけどまだ好きって曲。」です。この2曲に共通するのは、若者に人気の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」がヒットのきっかけになったこと。

 どちらもアコースティックギターのシンプルな音に乗せたメロディーラインが特徴的で、隙なく作り込まれた前述の「会いたくて 会いたくて」と比べれば、かなり肩の力が抜けた、その分聴き手により身近な印象を与える楽曲になっています。

TikTokの世界観とマッチ


【知らない曲ばかり?】2020年最新のヒット曲ランキングを見る(画像2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200705_lovesong_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200705_lovesong_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200705_lovesong_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200705_lovesong_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200705_lovesong_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200705_lovesong_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画