コロナ後も郊外に住みたい! 自然派志向な会社員に薦める「忖度なし」の最強ベッドタウンと選択条件

新型コロナ禍ではテレワークを導入する企業が増え、それに伴い郊外へ引っ越した会社員も少なからずいるようです。コロナが収束して以降も引き続き郊外を志向する東京在住の会社員にとって、最も適した在住場所はどこでしょうか? フリーライターの出島造さんが独自の取材でリポートします。


「完全テレワーク」とはならなかった会社員たち

「東京に住むなら23区よりも多摩地域の方がいいのかも知れない」――

 2020年からの新型コロナ禍でテレワークが普及したことにより、会社員が郊外へ移住したり企業が本社機能を地方へ移転させたりといったニュースがたびたび報じられました。

コロナ禍で「都市より郊外」と考える人は増えている。街選びの条件とは?(画像:写真AC)

 ただ、オフィスで行っていた全ての仕事をテレワークに切り替えるというのはなかなか容易ではありません。

 どうしても顔を合わせてやらなければならない業務はありますし、会社側にとってみれば「社外秘」の文書などを保管・管理する必要があるといった事情は変わらないからです。

 そのため、オフィスを床面積の小さいところに移すにしても、立地自体はやはり都心を選ぶ企業が大半のようです。

 テレワーク普及によって「職住一致の傾向が強まる」と言われてきたものの、さすがに100%完全テレワークの導入までには至らなかった企業が少なくないということが、この1年余りで明らかになりました。

 そうした中で、これまで都心で働いていた人たちが考えることとは何でしょうか。

 出社の必要はあるにせよ、毎日通勤するわけではないから通勤時間が多少延びても環境の良いところに住みたい、と思いを巡らす会社員は多いのではないでしょうか。

「都心部よりも自然豊かな郊外」6割超


【画像】筆者が歩いた「最強ベッドタウン」(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画