瑛人や「きゅんです」…… 2020年に無名アーティストが次々ヒットを飛ばした理由

2020年の音楽シーンを振り返ると、それまで無名だったアーティストの楽曲やフレーズが大きなヒットにつながる例が数多くありました。ヒットの構造が以前とは変わり始めていると、音楽ライターの村上麗奈さんは指摘。背景には何があるのでしょうか。


音楽ヒットは「東京発」からSNS発へ

 2020年は、音楽のヒットの出どころが大きく変わった1年でした。

 アーティストの所属事務所やレコード会社による公式プロモーション、あるいは渋谷や新宿にあるCDショップによる店頭セールスなど、あくまで東京を中心とする“中央集権”体制が常識だった音楽シーンのヒット構造。

 しかし近年SNSによる影響力が徐々に高まり、いよいよ決定的となったのが2020年だったと言えるでしょう。

楽曲「香水」が大ヒット。公式YouTubeチャンネルで「ビデオブログ(Vlog)」を配信するなど、ネット上での発信も多い瑛人(画像:AlphaBoat合同会社)

 瑛人、yama、りりあ。、ひらめ、オレンジスパイニクラブなどの名前を目に(あるいは耳に)したことがある人も多いのではないでしょうか。上に挙げた名前は、2020年TikTokを通じて楽曲をヒットさせたアーティストです。

 TikTokとは、15秒の動画を音楽とともに投稿できるサービス。2016年にリリースされたあと、2018年に中高生を中心に盛り上がりを見せました。

 始めはダンス動画などが多く、ノリのいい音楽が使用されることが多かったですが、2019年頃から異なる潮流も見られました。2020年になると、TikTokで人気を得た楽曲がストリーミングやbillboardのチャート上位にランクインされるほど、TikTokは音楽界にも影響力のあるプラットフォームに変貌を遂げます。

 瑛人の「香水」はそれを象徴する最たる例でしょう。

アコギと歌詞が高める「共感度」の強み


【画像】「きゅんです」シンガー・ひらめ、素顔は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201228_tiktok2020_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_tiktok2020_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_tiktok2020_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_tiktok2020_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_tiktok2020_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_tiktok2020_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画