昭和の名曲『神田川』――歌詞の「横丁の風呂屋」は一体どこにあった?

1973年に発売された名曲「神田川」。その舞台となった「横丁の風呂屋」はいったいどこにあるのでしょうか。フリーライターの本間めい子さんが解説します。


神田川の舞台はどこなのか

 南こうせつとかぐや姫のヒットソング「神田川」(1973年発売)といえば、上京する若者が1度は夢見る情景を描いた歌として人気です。「ああ、自分も恋人と肩を寄せ合って『横丁の風呂屋』に通いたいなぁ」――と。そんな「神田川」ですが、歌碑(中野区中央)が中野区にあります。場所は神田川にかかる末広橋付近の公園。最寄り駅は総武線の大久保駅です。

1973年に発売された『神田川』(画像:日本クラウン)

 歌碑が設置されたのは1996(平成8)年のこと。神田川沿いの遊歩道「神田川四季の道」の整備に関わった建設会社の社員が、地元住民から「せっかくきれいになったのだから記念になるものを」と言われたことで設置に至りました。

 神田川の舞台はこのあたりなのか、といえば実はそうでもありません。「神田川」の製作経緯について説明しましょう。

 まず、この歌が南こうせつの作詞であると思っている人は少なくありません。しかし実際の作詞者は喜多條忠(きたじょう まこと)です。今では作詞家として広く知られる喜多條ですが「神田川」を作詞した当時は文化放送(港区浜松町)の放送作家でした。

 こうせつから作詞の依頼を受けた喜多條は、タクシーで当時住んでいた東中野の自宅へ戻る途中、神田川を整備する都庁職員の姿を目にしました。その時、5年前の同棲時代の情景が思い浮かび、家に帰りわずか30分で詩を書き上げました。

 早速、電話口で詩を読み上げると、電話の向こうのこうせつは口ずさみながら書き取り、電話を切った3分後には曲が完成していたといいます。

西早稲田にあった「横丁の風呂屋」


【画像】名曲「神田川」の歌碑

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210228_kanda_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210228_kanda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210228_kanda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210228_kanda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210228_kanda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210228_kanda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210228_kanda_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画