新型コロナ対策で大注目 「テレワーク」のメリットとは結局何なのか?

新型コロナウイルスで企業の導入が加速するテレワーク。そんなテレワークの今後の可能性について、IKIGAIプロジェクト まちづくりアドバイザーの百瀬伸夫さんが解説します。


感染症拡大の抑止策として急浮上

 新型コロナウイルスの影響で、人々が不要不急の外出を控えていることから、都内の繁華街や飲食店は閑散としています。

 飲食店の売り上げ・客数が減った一方、配達デリバリーや冷凍食品、個人宅へのウオーターサーバー水の需要が増えたり、またスポーツジムや学習塾もオンライン指導に切り替えたりするなど、好評を博しています。

 今回、新型コロナウイルスの感染拡大予防の措置として、数千人に及ぶ全社員を一斉に在宅勤務へ切り替える大企業が続出しました。

 東京都は2020年3月6日(金)、新型コロナウイルス感染症の拡散防止および、企業の事業継続性の対策として、「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」の申請受付を開始しました。この助成金は、テレワーク環境を整備する中小企業や個人事業主を対象にしたものです。

テレワークを行う人のイメージ(画像:写真AC)

 また9日(月)には、厚生労働省でも新型コロナウイルス感染症対策を目的にテレワークを新たに導入する中小企業への助成金の申請受付を開始しました。導入費用の2分の1を、1社あたり上限100万円まで補助するそうです。

通信技術の進歩がカギ

 急に脚光を浴びたテレワークですが、そもそもテレワークとはどのようなものでしょう。

 テレワークとは遠隔地で仕事をする働き方の総称で、在宅勤務やサテライトオフィス、コワーキングスペースでの勤務や、モバイルワークなどがあります。

文京区にある「東京テレワーク推進センター」の一角(画像:百瀬伸夫)

 いずれも、今日の情報通信技術を生かし、テレワークに必要なネットワーク環境があれば、場所や時間にとらわれない新たな働き方を実施できるため、「働き方改革」の救世主となりました。

セキュリティー確保が必須


【緊急調査】新型コロナ対策も 在宅勤務の7割以上が「在宅コリ」に悩まされていた

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200316_telework_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200316_telework_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200316_telework_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_telework_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_telework_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_telework_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200316_telework_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200316_telework_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200316_telework_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200316_telework_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画