自分を貫いた4年間――早稲田が私に残してくれたもの 「女子らしくない」と言われても

学生時代の経験は、その後の人生に大きな影響を与えるものです。ライターの秋山悠紀さんにとって早稲田大学での4年間は、社会の常識とされている「女性らしさ」について考える機会でもあったといいます。


「ワセジョっぽいね」と言われて

 山形で生まれ育った筆者。中学生くらいのころから漠然と東京への憧れを募らせ、高校生になると「絶対、東京の大学に行きたい」と思いを馳せるようになっていました。東京に100以上ある大学の中で、田舎の女子高育ちの筆者を魅了したのは早稲田大学です。院生を含めると5万人もの学生が在学するマンモス校には、自分の人生を広げるさまざまな学問の世界があるはず。そして流行や既存の価値観にとらわれない「バンカラ」な、個性的な奇人・変人に出会えるはずだと、期待に胸を膨らませていたのです。

 ところで早稲田大学の女子学生や卒業生はしばしば、早稲田女子を略して「ワセジョ」と呼ばれるのをご存じですか? その定義はさまざまですが、慶応大学や青山学院大学などのいわゆる「キラキラ女子」とは真逆の存在。「男勝り」「女らしくない」「モテない」というような、ネガティブな意味を込めて使われる呼称です。

 高校時代はサッカーと勉強しかしてこなかった当時の筆者も、このイメージにバッチリ当てはまっていたでしょう。でも、男子高生と練習試合をして負けるたびに体格差やスピードの違いに本気で悔しがり、必死の努力によって勉強や受験戦争を勝ち抜いた筆者にとって、女子力やらモテやらなんて本当にどうでもいい価値観のひとつでしかありませんでした。

早稲田大学の大隈講堂(画像:写真AC)

 晴れて早稲田に入学すると案の定、「ワセジョっぽいね」と言われる場面に何度も出くわすことになります。そしてその言葉に含まれている「変わってる」「かわいくない」というニュアンスも、否が応にも感じ取らざるを得ませんでした。おしとやか、幼気(いたいけ)、家庭的、愛想のいい相づち……。「世間では女性は、『ワセジョ』とは真逆の基準で評価されているんだ」と突き付けられる瞬間でした。

 そんな筆者と同じように「女らしさ」に染まれないでいる女子学生は早稲田のキャンパスにたくさんいて、彼女たちとお酒を飲みながらよく「私たちって拗らせてるよね」「だってどうせワセジョだもん」と自虐的に管を巻くこともしょっちゅうでした。そんな私たちの共通認識は「『女子力が高い』ことは、私たちだってやろうと思えばできる。でも、やらない」。そんな物差しで自分が評価されるのは、プライドが許さなかったのだと思います。

ワセジョが闘っていたものは


【調査】「絶対に大手がいい」学生は1割程度? 最新の就職活動意識調査をチェック

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191008_waseda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191008_waseda_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191008_waseda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191008_waseda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191008_waseda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191008_waseda_03-150x150.jpg

New Article

新着記事