アニメ『TIGER & BUNNY』で考える 大手企業「東京一極集中」の謎と未来展望

人気アニメ『TIGER & BUNNY』。今回は同作を通して、東京企業の首都圏移転について考えます。


実在の企業ロゴが登場

 突然ですが、2011(平成23)年に放送された『TIGER & BUNNY』というアニメをご存じでしょうか? 近未来の街を舞台に、特殊能力をもった者たちがヒーローとして活躍するお話です。

10周年を迎える『TIGER&BUNNY』と銀座三越とのコラボレーション(画像:三越伊勢丹ホールディングス)

 本作で大きな話題を呼んだのが、登場するキャラクターたちが実在する企業・ブランドのロゴを背負っていることでした。作中のヒーローには、それぞれスポンサー企業がいるという設定なのですが、その企業の多くが現実のものなのです。そして彼らの衣装にそれぞれのロゴがプリントされていることが、他にはないインパクトをもたらしました。

 劇場版も公開されるなど人気を博し、2022年には『TIGER & BUNNY 2』の放送も予定されています。2020年10月には、スポンサーとなる企業を公募していたことから、衣装にも要注目といえるでしょう。

 これまで登場したロゴは、私たちがよく知るものばかりで、大企業と呼ばれるものが多いです。こうした企業について、ふと気になったことがあります。それはたいていの場合、本社が東京にある、という点です。

登場する企業本社の大半は東京

 そこで、キャラクターたちにプリントされている一部の企業の本社所在地を次にまとめました。

・SoftBank(港区海岸)
・BANDAI(台東区駒形)
・Family Mart(港区芝浦)
・LOTTE(新宿区西新宿)
・すき家(港区港南)
・DMM.(港区六本木)
・Calbee(千代田区丸の内)
・アニメイト(板橋区弥生町)
・ドミノ・ピザ(千代田区岩本町)
・minimini(港区港南)
・タニタ(板橋区前野町)

以上の企業やブランドのなかには、実際に製品やサービスを利用したり、CMを見たりして身近に感じる企業も多いのではないでしょうか。

上場企業のシェア(画像:国土交通省)

 他の企業にも目を向けてみましょう。2019年に国土交通省の国土政策局がおこなった調査によると、全国の上場企業3601社のうち、1823社と実に半数強が東京に本社を構えていることが判明しています。

戦後日本における「東京一極集中」の動き


【グラフ】首都圏からの転出288社、過去10年で最多! 首都圏外への本社移転加速

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_tiger_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画