意外? 山手線外側で「駐車場なしの新築一戸建て」が増えだしている理由

山手線の外側エリアなどの「準都心部」で現在、駐車場なしの一戸建て住宅が増えているといいます。いったいなぜでしょうか。住宅評論家の櫻井幸雄さんが解説します。


山手線外側で「車庫なし一戸建て」が増加中

 JR山手線の外側エリアのような「準都心部」と呼びたくなる場所では、分譲一戸建てが根強い人気を誇っています。

 まず23区内でマイホームを持ちたい、と願う人は相変わらず多いのです。

 しかしJR山手線の外側といっても23区内であるため土地の値段は安くなく、新築住宅の値段も高めです。

 予算は5000万円台から6000万円台まで。可能なら4000万円台で3LDKか2LDKを買おうとすれば、新築マンションのほうが現実的。

 それでも一戸建てに住みたいと思う人は、どうしてもマンションが好きになれない人や、仕事や生活に車が必須で、駐車場付きの一戸建てのほうが好ましいという人たちでしょう。

 ところが現在、準都心部ではあえてカーポート(駐車場)を設けない分譲一戸建て、つまり建売住宅が増えています。

山手線(画像:写真AC)

 その長所とは、そして購入時の注意点とは――準都心部の最新住宅事情をリポートします。

一戸建ての駐車場はかつて「生命線」だった

 従来、駐車場は一戸建ての「生命線」でした。

 分譲マンションを買うと駐車場を借りなければならず、その賃料は準都心部で月額1万5000円以上になるのが一般的です。

 しかし近年の都心・準都心部のマンションは駐車場の設置率を下げ、全住戸の3割程度しか駐車場を設けないケースが増えています。全100戸のマンションなら、30台分くらしか駐車場がないわけです。

JR山手線の外側エリア「準都心部」のイメージ(画像:写真AC)

 マンション暮らしで車を所有する場合、駐車場の使用料が高く、またその数も少ないため、借りにくいという問題が生じてしまいます。

 その点、一戸建てであれば自前の駐車場にマイカーを収めることができ、毎月の駐車場の使用料が不要。また距離も近いため、車を利用しやすいという利点も生まれます。

 敷地内に設けられた駐車場は、一戸建てがマンションよりもすぐれている点の「代表項目」だったわけです。

 そんな駐車場をあえてなくした理由は、ふたつあります。それはなくすことで

・候補地が増える
・住み心地がよくなる

ためです。それぞれの理由を説明しましょう。

一戸建ての候補地が増える?


【2019年2月発表】満足度が高い「ハウスメーカー 注文住宅」「建売住宅」「新築分譲マンション」ランキングを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200826_jutaku_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画