東京の実態を知る手掛かりに! 膨大なネットニュースから「良い記事」を見分ける3つの方法

数えきれないほどの記事が日々アップされるインターネット。そこには当然、良い記事、そうではない記事が混ざっています。読むべき記事とはどのようなものか? また書き手は何を意識して執筆をすべきか? メディアウォッチャーの本多修さんの解説です。


1億総ライター時代の注意点

 SNSというツールが発達した今、誰もが気軽に「記事」を書き、発信できるようになりました。

 以前は、記者という肩書を持つ者は主に新聞社や雑誌、テレビの報道局などに所属し現場を取材する人に限られていましたが、今では多くのネットユーザーが自筆の記事をアップし、ライターを名乗るようになりました。

 インターネット向けの記事を中心に書く、いわゆるウェブライターの人数は格段に増加し、仕事を発注するメディア編集部側からは“玉石混交”と戸惑いの声も聞かれます。

さまざまな記事があふれるインターネットのイメージ(画像:写真AC)

 ネット記事に触れる読者も、無数の記事を目にする中でどのような記事が良いもので、どのような記事はそうではないのか、見極めの基準を知っておきたいところです。

 逆に言えばその基準を知ることで、ライターを志す人にとっても、クオリティーの高い記事執筆に近づくことができるのです。

書き手に必要な「3つの心得」

 最近「取材できる人が少なくなっているね」という話をメディア関係者からよく聞くようになりました。実際、さまざまなネットニュースを読んでいると、ちゃんと調べて書いているのか首を傾げる記事に出合うことが多々あります。

 ネット上の記事はしばしば、自宅にいながら座ったまま書けるという意味で「こたつ記事」と揶揄(やゆ)されることがあります。

 しかし、記事を書いている本人にとって「これは取材して楽しい」「伝える意義がある」という率直な思いを感じられる記事でこそ、その熱量を読者と共有することができるのではないでしょうか。

 そこで、今回は東京での取材歴の長い筆者が「東京ネタ」をどう調べ、どう書いているかを紹介します。読者の立場の人も、ネット記事を読む際の参考にしていただければと思います。

1. 新聞を毎日欠かさず読む


【調査】テレビ、新聞、ネット……信頼できるメディアは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210920_net_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_net_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_net_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_net_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_net_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_net_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画