スタンプラリーが「御朱印ブーム」に到底勝てない根本理由

数年前から続く御朱印ブーム。それを支えている本質的な魅力は何でしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


地域活性化ツールとしての「御朱印」

 数年前から、御朱印ブームが続いています。御朱印とは本来、写経したお経を神社やお寺に納経することでもらえましたが(所説あり)、現在では神社やお寺で参拝した証しとして機能しています。

御朱印のイメージ(画像:写真AC)

 御朱印には、デザインが凝ったものやお正月などの特別な日にしかもらえないものもあります。そのため御朱印帳を買って集める人が増えており、その結果、フリマサイトやオークションサイトで扱われて、問題視されています。御朱印とは神仏と縁を結ぶもの。特別な事情がない限り、自力で集めることが大切です。

 一方、ファンが御朱印をきっかけに寺社仏閣へ興味を持ったり、周辺観光に目を向けたりすることもあるため、地域活性化ツールとしての期待も大きくなっています。

寺社仏閣以外からも続々誕生

 寺社仏閣でもらえる御朱印以外にも、近年、さまざまなものが生まれています。早速いくつか紹介していきましょう。

「御書印(ごしょいん)」は全国の書店でもらえる御朱印で、人と書店をつなぐ試みのプロジェクトとしてスタートしました。

 実際に書店に行って御書印を買うと、書店オリジナル印など、三つの印を押印して日付を記入してくれます。メッセージや書店員のお勧め本のタイトル、本の一節などを記入してくれる書店もあります。新しい本との出会いも予感させてくれる試みでしょう。

 プロジェクトは2020年3月にスタートしましたが、参加書店は続々と増えており、11月8日現在、300店以上が参加しています。都内では

・三省堂書店神保町本店(千代田区神保町)
・ジュンク堂書店池袋本店(豊島区南池袋)
・かもめブックス(新宿区神楽坂)

などで実施しています。

豊島区南池袋にあるジュンク堂書店池袋本店(画像:(C)Google)

「御酒印(お酒ラベル)」は、酒蔵巡りの御朱印です。

 公認酒蔵を巡り、各酒蔵指定のお酒を買うか、酒蔵を見学するかするともらえる御酒印を御酒印帳に貼り付けていきます。

 一般的な御朱印帳とは少々趣が異なり、見開き1ページを左側には御酒印、右側には蔵元の特徴やお酒の感想、来訪の思い出などが自由に書き込めるようになっています。ワインのエチケット(ラベル)の収集と近いものがあります。

 御酒印がもらえる酒蔵は全国に200か所以上あり、都内では

・豊島酒造(東村山市久米川町)
・田村酒造場(福生市福生)
・石川酒造(福生市熊川)

の3か所です。

宿場も、城も、鉄道も「印」がある


【画像】御朱印に次ぐ? 「御書印」「御宿場印」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211210_goshuin_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211210_goshuin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211210_goshuin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211210_goshuin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211210_goshuin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211210_goshuin_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画