奇才・椎名林檎の1stアルバム『無罪モラトリアム』 曲順通りに聴くと浮かび上がる“メッセージ”とは

1998年のデビュー以来、四半世紀近くにわたって常に時代のトップを走り続けてきた奇才、椎名林檎。彼女の目に映る「東京」という街は、この間どう変化してきたのでしょうか。音楽ライターの松本侃士さんが歌詞を読み解きます。


まずは「丸の内サディスティック」から

 さまざまな著名アーティストが歌詞に歌い、時代ごとの情景を切り取ってきた街、東京。今回は、そんな「東京」にまつわる椎名林檎の楽曲を紹介していきます。

 福岡県からの上京を経験した椎名林檎は、「東京」という街をどのような観点から見据え、そして、それぞれの楽曲を通してどのような物語を紡(つむ)いでいるのでしょうか。

2019年11月に初のベスト盤『ニュートンの林檎』を発売。極めて幅広い世代から支持を集めるアーティスト椎名林檎(画像:ユニバーサルミュージック)

 1曲目は「丸の内サディスティック」です。

 1999(平成11)年2月発売の1stアルバム『無罪モラトリアム』に収録された初期の代表曲であり、最近でも、椎名林檎がボーカルを務めるバンド東京事変がテレビの音楽番組でライブパフォーマンスを披露しているため、世代を問わず、一度は耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。

 楽曲タイトルにある「丸の内」は、地下鉄の東京メトロ丸ノ内線のことを指しており、実際に曲中には、「御茶ノ水」「銀座」「後楽園」「池袋」といった駅名が登場します。

<報酬は入社後平行線で
 東京は愛せど何も無い
 リッケン620頂戴
 19万も持って居ない 御茶の水>

<青 噛んで熟って頂戴
 終電で帰るってば 池袋>

自身の上京を重ね合わせたような「正しい街」


【いくつ言える?】椎名林檎の歌詞に登場する「東京の路線」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画