【2020年高校受験】都立御三家の志願者数は「私立実質無償化」で結局増えたのか?

2月21日に184校で行われた、東京の都立高校の一般入試。その中でも偏差値トップクラスの高校の志願者数の推移について、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


全日制普通科の倍率は1.51倍

 新年度から私立高校の無償化がスタートします。東京都が授業料軽減助成金の支払い条件を、これまでの世帯年収760万円未満から910万未満にまで緩和したことで、対象者が拡大しました。

 これを受け、都立高校の志願者数は大きな変化が予想されていましたが、2月13日(木)に発表されたコース制と単位制、島しょう部を除いた全日制普通科の倍率は2019年より0.1ポイント高い1.51倍となっています。

杉並区の西高校の外観(画像:(C)Google)

 それでは、ここ数年の進学実績で注目を集める都立最難関校である日比谷高校(千代田区永田町)、国立高校(国立市東)、そして西高校(杉並区宮前)の志願者数は変化したのでしょうか。

男子志願者が減少傾向にある日比谷

 近年、都立高校の復活を印象付ける大学合格実績を出す日比谷高校ですが、直近の3年間をみると一般入試での男子志願者数は減少傾向が続いています。

 2017年2月の入試は326人、2018年2月は313人でした。2019年は329人と盛り返したものの、2020年の入試は296人と、300人を切る形となりました。

「日比谷復活」をメディアが大きく報じる一方、男子志願者が徐々に減少しているのは皮肉なことです。

千代田区の日比谷の外観(画像:(C)Google)

 対照的に、都内中心部に立地する都立高校の中で、日比谷高校に次ぐ難関校と位置付けられている戸山高校(新宿区戸山)は、男子志願者が反比例するようにここ数年増加しているのです。

「日比谷復活」をメディアで大々的に取り上げたことで精鋭が集中し、合格のハードルがより高くなったのではないでしょうか。その結果、戸山高校へ流れる層も一定数がいたと考えられます。

男子志願者が減少傾向にある日比谷

 それでは、国立高校と西高校では同様なことが起きているのでしょうか。

新宿区の戸山高校の外観(画像:(C)Google)

 結論ですが、両校とも大きな変化は見られません。ここ3年間で、国立高校は男子の志願者が220人前後で推移。西高校は2019年に228人と落ち込みましたが、2020年の志願者は251人と盛り返しています。

 都立御三家の中で日比谷高校だけが「都立高復権」と言われる中、減少傾向が続いているのは、男子受験生の安全志向が強まっている証しなのかもしれません。

日比谷高校と西高の女子志願者は増加傾向


【4325人に聞いた】高校生の8割以上が新入試制度を「見直すべき」 最大の不安は何?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200227_koukou_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画