銀座・数寄屋橋交差点ビルでお馴染み? 不二家の止まらぬ「藤井3冠的」進化力とは

銀座の数寄屋橋交差点にあるビルや、近年の棋戦主催で知られる洋菓子メーカー・不二家。その歴史について、ライターの近藤ともさんが解説します。


叡王戦を主催する洋菓子メーカー

 将棋の藤井聡太九段が9月13日(月)、叡王戦(えいおうせん)に勝利し、史上初めて10代での3冠となりました。

 叡王戦とは、洋菓子メーカーの不二家(文京区大塚)が2020年から主催している将棋の棋戦です。藤井九段が最終第5局の対局中に注文した同社のカップケーキ「コロコロしばちゃん」は注目を浴び、翌日から売り切れる店舗が続出しました。

 洋菓子メーカーとしてなじみがある一方、不二家が棋戦を主催していたことを知らなかった人は少なくないでしょう。ということで、今回、そんな同社について改めて振り返ってみます。

社名に込められた「三つの意味」

 不二家は、洋菓子店とレストラン(不二家レストラン)をフランチャイズ展開しており、1910(明治43)年に創業した老舗です。2008(平成20)年からは山崎製パン(千代田区岩本町)の子会社となっています。不二家という社名には

・創業者である藤井家の「藤」
・日本のシンボル「富士山」
・ふたつと無い存在の「不二」

の三つの意味が込められています。

数寄屋橋交差点にある不二家(画像:写真AC)

 不二家といえば、銀座の数寄屋橋交差点のビルが印象的です。数寄屋橋は、戦後に一世を風靡(ふうび)したラジオドラマ『君の名は』(1952~1954年)で日本全国に知られましたが、今は「不二家(数寄屋橋店)のある場所」といったほうが話が伝わりやすいでしょう。

 不二家が入居する銀座クリスタルビルの看板は、銀座のランドマークのひとつです。この看板は長く広告塔と呼ばれてきましたが、2018年3月にリニューアル。現在は「ペコちゃんビジョン」として、季節に合わせた映像が流れています。

不二家の発祥は横浜

 不二家数寄屋橋店は1953(昭和28)年に開店。2階、3階の喫茶室が総ガラス張りという、当時としては斬新なデザインでした。その後、看板が大きなペコちゃんのネオンになったり、改築して赤い瓦屋根と白壁になったりした後、1982年には現在の銀座クリスタルビルへ。現在は1階が洋菓子売り場、2階は不二家レストランという構成です。

1963年頃の銀座の数寄屋橋交差点付近の様子(画像:国土地理院)

 しかし、不二家が最初から銀座で営業していたわけではありません。創業者の藤井林衛門(ふじいりんえもん)が不二家を開店したのは1910(明治43)年11月16日で、場所は横浜市元町2丁目86番地。不二家の発祥は横浜だったのです。開店翌月の12月、日本初とされるクリスマスケーキを発売しています。

 林右衛門は1885年に愛知県で生まれ、10代半ばから横浜で働き始めました。不二家を開店した日は彼の25歳の誕生日でもありました。開店翌年には、アメリカへ洋菓子事情視察と技術習得のために出発するほどの研究熱心さで、帰国するとすぐに元町店の隣に喫茶店を新設。「ソーダ・ファウンテン」と名付けて人気を呼びました。

 またその後、1個8銭のショートケーキを発売したり、伊勢崎町店ではシュークリームを販売したりするなど、洋菓子がまだ広く知られていない日本に少しずつ新しいおいしさを浸透させていきました。

「ペコちゃん」の誕生は1950年


【貴重画像】64年前の「不二家 数寄屋橋店」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210918_fuji_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fuji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fuji_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fuji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fuji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fuji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fuji_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fuji_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画