東京の建物を全て「レンガ造り」に――明治初期に浮上した大構想のあっけない結末

明治維新によって江戸から名を変え誕生した首都「東京」は、どのような変化を遂げていったのか? 官の思惑や人々の生活を知ることのできる1冊『都市空間の明治維新 ─江戸から東京への大転換』(松山恵、ちくま新書)について、ブログ「山下ゆの新書ランキング Blogスタイル第2期」管理人の山下ゆ さんが紹介します。


江戸はいかにして「東京」になったのか

 明治維新によって徳川幕府が倒れ、江戸は「東京」と改称されて日本の首都となります。

 では、名称以外にどのような変化があったのでしょうか? そのことを教えてくれるのが、松山恵『都市空間の明治維新 ─江戸から東京への大転換』(ちくま新書)です。

東京の建物を全てレンガ家屋に。遠大な構想はいつなぜ持ち上がったのか?(画像:写真AC)

 江戸では、江戸城の周囲に大名屋敷や幕臣の屋敷が立ち並ぶ武家地が、日本橋(現在の中央区)や銀座(同)には町人地が、上野(台東区)や芝(港区)には寺社地が広がっていました。その中でも大きかったのは武家地で、幕末には江戸の都市域全体の約7割にもおよんだとされています。

 ところが、明治維新によってその状況は一変します。主君を失った旧幕臣の多くが徳川家に付き従う形で静岡に移住し、参勤交代のために維持されていた大名屋敷もその意味を失ったからです。結果として、江戸の町では大きな人口流出が起こります。

 そこで明治政府は、江戸城の周辺を「郭内(かくない)」、その外側を「郭外」に分け、「郭内」の整備を優先させる政策をとりました。

 この時期、人口の減少と武家屋敷に関連する仕事を失った人びとに対応するために、武家地を桑畑や茶畑にして殖産興業をはかるという「桑茶令」も出されています。現在の文京区白山のあたりには幕臣の屋敷を取り壊して桑畑がつくられました。

 ただし、この桑茶令に関しては、推進した第2代東京府知事の大木喬任(おおき たかとう)が「大失敗」だったと振り返っています。

 一方、中心部では近代的な都市づくりも進められました。銀座につくられた煉瓦(レンガ)街については教科書の挿絵などで見たことがある人も多いかと思いますが、この煉瓦街の整備に取り組んだのが、2021年現在放送中の大河ドラマ『青天を衝け』の主人公・渋沢栄一です。

東京をレンガ街に 渋沢栄一の構想


【画像】明治時代の華やかな銀座

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210411_meiji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_meiji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_meiji_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画