12月の風物詩「年末ジャンボ宝くじ」 意外と知られていない歴史とは?

年末の風物詩といえば、そのひとつは宝くじです。都内の有名売り場には毎年多くの人が並びます。そんな宝くじの歴史について今回は解説します。


宝くじの歴史に迫る

 12月の風物詩はさまざまですが、「年末ジャンボ宝くじ」はそのひとつです。クリスマスケーキや鏡餅のCMとともに、テレビでは毎年のように年末ジャンボ宝くじのCMが流れています。

 年末に限らず、人々にロマンを感じさせる宝くじ。熱心なファンは売り場にもこだわるようで、

・西銀座チャンスセンター(中央区銀座)
・池袋東口西武線駅構内宝くじ売り場(豊島区南池袋)
・宝くじ御徒町駅前センター(台東区上野)

などは、「よく当たる売り場」として紹介されています。

中央区銀座にある西銀座チャンスセンター(画像:写真AC)

 そんな宝くじですが、実は歴史あるレジャーなのをご存じでしょうか? その歴史は、江戸時代までさかのぼります。

江戸時代に流行した「富くじ」

 宝くじの歴史には、寺院や神社が深く関係しています。

 江戸時代、寺社は信仰の場であると同時に、庶民のレジャースポットでもありました。当時、寺社のレジャーとして人気を博していたもののひとつが、後の宝くじの原型といえる「富くじ」です。

富くじ(画像:宝くじ公式サイト)

 富くじのやり方としては、まず現在の宝くじと同じような「富札(とみふだ)」というものを発行します。その後、番号が書かれた木札を箱に入れ、公開でそれを錐(きり)で突くことで抽選していました。

 富くじの起源は摂津国(せっつのくに。現・大阪府)にある、箕面山瀧安寺(みのおさんりゅうあんじ)とされています。この瀧安寺では江戸時代初期、同じような方法で抽選をおこない、当選者に福運のお守りを授けていました。

 しかしお守りを授けるくじから、次第に金銭を与える内容のくじへと変化し、各地に広がっていきます。その後、1692(元禄5)年には徳川幕府から富くじの禁令が出されました。

 その一方で特定の寺社は「修復費用を調達するため」という名目で、金銭授受をともなう富くじの興行を認められています。幕府に許可された富くじは「御免富(ごめんとみ)」と呼ばれ、賞金額が100両におよぶこともありました。

 なかでも有名だったのが、「江戸の三富」といわれた、

・感応寺(現・天王寺。台東区谷中)
・湯島天神(文京区湯島)
・目黒不動(目黒区下目黒)

の三か所における興行です。

 以下、江戸の三富といわれた寺社がどのようなスポットなのかを紹介していきます。訪れることで、日々のお悩みや将来への目標に関するご利益があるかもしれません。

1.感応寺(現・天王寺)


【ボーナスで無駄遣いしたことランキング】男女500人に調査!「宝くじ」は何位だった?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_kuji_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画