女たちはストッキングを脱いだ――1996年夏を彩った「生足ブーム」を振り返る

今から24年前、あるスーパーモデルの来日から始まった「生足ブーム」について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


大はやりしたのに消えたブーム

 いつの時代でも東京は流行の発信地。日本国内にインスタ映えするオシャレな街はたくさんありますが、ファッションの最先端はやっぱり東京。多くの有名ブランドが集まり、ありとあらゆる選択肢がある、こんな都市は世界でも限られています。

 さまざまな流行の中で、ファッションほど移ろいやすいものはありません。

「生足ブーム」は1996年に起きた(画像:写真AC)

 例えば、1964(昭和39)年の夏に大はやりした「みゆき族」。男性はアイビールックをくずしてコットンパンツやバミューダショーツ、女性は白いブラウスにロングスカート、頭にはスカーフや首にチーフ、男女ともに手にはVANかJUNの紙袋というスタイルーー。

 同年春ごろから注目されたこのファッションは、銀座のみゆき通りにあったVANを中心に若者が集まったことから、みゆき族と呼ばれました。この新たなファッションの流行は、その後のアイビールックの定着もあり現代史の1ページに記録されています。しかし、流行はひと夏のもので終わりました。

 このように、現代史の中ではさまざまなファッションが足跡だけを残して消えています。足跡が残ればまだいいほうで、大はやりしたのに「そんなのあった?」と完全に忘却されているものも多いのです。

 今回はそのひとつ。1996(平成8)年の生足ブームを取り上げてみたいと思います。

きっかけはスーパーモデルの来日


【画像】今年のトレンドは? 2020年、最新「ストッキング」4選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200422_ashi_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画