いくつ覚えてる? 東京から消えた「スーパーマーケット」の数々

毎日の生活になじみ深いスーパーマーケットですが、いくつもの企業が生まれ、そして消えています。今回は東京から消えたスーパーマーケットについて、ライターのミゾロギ・ダイスケさんが解説します。


今は存在しないスーパーの数々

 2004(平成16)年に公開された深田恭子と土屋アンナの主演映画『下妻物語』(中島哲也監督)。その作中には、地方での暮らしに欠かせない存在として、全国チェーンの総合スーパー「ジャスコ」が実名で登場します。

 ところが『下妻物語』の公開から約17年後の現在、あのジャスコはこの世にありません。もちろんつぶれたのではなく、2011年から徐々に屋号を運営会社名と同じ「イオン」に変更していったからです。

スーパーマーケットの野菜売り場で買い物をする女性(画像:写真AC)

 愛知県にルーツがあるスーパー「ユニー」も今は存在しません。運営会社のユニーは健在ですが、現在は屋号としてのユニーを使わず、大型総合スーパーの「アピタ」、中小規模の地域密着型スーパー「ピアゴ」など、業態の違いにより変えて運営しているのです。

 このように改称した例だけではなく、“今は存在しない”スーパーマーケットの屋号は数多くあります。

・サティ
・松坂屋ストア
・カルフール
・つるかめランド
・テスコ
・ポロロッカ
・忠実屋
・十字屋
・セイフー
・ウェルセーブ
・キンカ堂

 以上は、かつて東京都内に店舗があったものの、今は存在しないスーパーの屋号です(個人経営の同名店舗を除く)。これらはどのような経緯で消えていったのでしょうか?

“1強”イオンに飲み込まれたスーパーたち


【アンケート結果】スーパー利用時に重視する点、コロナ前後でどう変わった?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_super_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画