なぜ? “よく道を聞かれる人”“聞かれない人”に分かれる理由 「イヤホンしてても聞かれる」人まで

あなたは、街で人から道を聞かれたことはありますか? どうやら世間では「しょっちゅう聞かれる」「全く聞かれない」のふたつに分かれるようです。この違いは何なのか? 自身もよく道を聞かれるというライターの鳴海汐さんがその謎に迫ります。


道が複雑な東京では日常茶飯事?

 新型コロナ禍で外国人が帰国するなどして人口が減っているものの、2021年8月1日現在、推計で1404万3239人が暮らしているとされる東京。人数が多い分、建物が多く、また幾度もの再開発が重ねられてきたため、街のつくりは複雑です。

 大都市ゆえ、道を聞く・聞かれるシーンは、世界的にも多いのではないでしょうか。これは電車の乗り換えも含めてです。

 筆者はあるとき、「どうもよく道を聞かれる。その分聞かれない人がいるのかもしれない」と考えて友人に尋ねたら、「一度も道を聞かれたことがない」という答えで、あらためて驚いたのでした。

よく道を聞かれる人、全く聞かれない人。その違いは何なのか?(画像:写真AC)

 そう、世の中には、「よく道を聞かれる人」「聞かれない人」の2種類が存在します。

 SNSでは、よく道を聞かれる人たちがその理由を語り合う場面が多く見られるので、まとめてみたいと思います。

「道聞かれ顔」って何?

 今回初めて知ったのですが、「道聞かれ顔」という言葉が存在するようです。話しかけやすい顔立ちの人を言います。
 
 よく道を聞かれる人の中には、「清潔感を心掛けている」「丸顔」など、人に安心感をやすい容姿だという人が少なくないようです。

 実際、自分が道を聞くときは、「怖そうな人」「聞いても無視されそうな人」は、選べるなら避けますよね。

 「感じのいい人」「親切そうな人」を選ぶと思います。

「害が無さそう」な人を選ぶ説


【分かる?】英語で「道案内」覚えておきたいフレーズ5選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210904_way_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_way_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_way_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_way_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_way_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_way_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_way_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_way_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画