コロナ禍で尊敬を集める医療従事者を育成 今年で開校20周年「国立看護大学校」とはどのような学校なのか

2001年開校。清瀬市にある看護師や助産師の養成機関「国立看護大学校」について、ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


文部科学省の管轄外の大学校

 大学といえば一般的に国立大学や公立大学、私立大学をイメージしますが、こうした大学は文部科学省が管轄しています。

 それ以外には防衛省管轄の防衛大学校(神奈川県横須賀市)と防衛医科大学校(埼玉県所沢市)、気象庁管轄の気象大学校(千葉県柏市)というような省庁管轄の教育機関もあり、それらは省庁大学校と呼ばれます。

 これらは公的教育機関の色が濃く、入学試験は他の国公私立大学よりも早い時期から行われます。

 例えば、防衛医科大学校医学科の2021年度入学者試験は第1次試験が2020年10月24~25日、第2次試験が12月9~11日に実施されたため、本年度から導入された大学入学共通テストを利用していません。なお合格発表は2月14日と、通常の大学よりも時間がかかります。

元清瀬病院の跡地に立地

 さて文部科学省の管轄外にもかかわらず、校名に「国立」が付く大学が東京都にあるのをご存じでしょうか。それは、厚生労働省所管の国立国際医療研究センター(新宿区戸山)が設置する国立看護大学校(清瀬市梅園)です。

清瀬市梅園にある国立看護大学校(画像:(C)Google)

 同大学校の開校は2001(平成13)年4月。清瀬市という23区外とはいえ、工事期間を考慮しても90年代の都内でまとまった土地を確保することは簡単ではありません。それをクリアできたのは、清瀬市にかつてあった東京府立清瀬病院の跡地を利用したからです。

 地図を見る一目瞭然ですが、清瀬市を走る西武池袋線の清瀬駅より西側に病院が集中してある地域があります。その一角に国立看護大学校があります。

結核療養施設が集中していた清瀬市


【データ】卒業生の進路を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210124_kango_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210124_kango_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210124_kango_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210124_kango_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210124_kango_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210124_kango_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210124_kango_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210124_kango_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画