ジェンダーレス男子の先駆け? 90年代登場の「フェミ男」は性差の壁を超え始めた偉大な存在だった

1990年代にさっそうと現れた「フェミ男」を覚えていますか? 従来の「男らしさ」を脱却したその魅力は、当時多くの話題を呼びました。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


「フェミ男」とは何か

 編集者の深澤真紀さんが2006(平成18)年10月に、『日経ビジネス』オンライン版の連載「U35男子マーケティング図鑑」で命名した「草食男子」という言葉は、その3年後の2009年の流行語大賞トップテン入りを果たし、社会にすっかり定着しました。

 草食男子とは、

「性格がおだやかで協調性に富み、恋愛や異性関係に対して執着の薄い男性」(小学館デジタル大辞泉)

のこと。

 この言葉が知られ始めた当時、恋愛に対してガツガツしない若い男性は少し奇異の目で見られていましたが、今ではひとつのライフスタイルとして受け入れられています。

 草食男子以前に、昔からの「男らしさ」とは異なる男性像が世に広まったことがあります。それは昭和が終わってしばらくたった1994(平成6)年頃のこと。現れたのは「フェミ男」という言葉でした。

ジェンダーレス男子のイメージ(画像:写真AC)

 言うまでもなく、フェミとは「フェミニズム」の略語です。フェミニズムとは本来、

「女性の社会・政治・法律上の権利を拡張し、女性の地位を高めようという主義」(精選版 日本国語大辞典)

という意味ですが、当時の日本社会には一般的に広まっておらず、

・女性のような感性を持っている
・女性に優しい男性

を指す表現として使われていました。

 むしろこうした誤読した理解のほうが多数だったことは、女性問題の専門家として取材を受けた官僚が「フェミニストというと女性に甘いと思われる」と、現在ならかなり問題のある発言をしていることからもうかがえます(『朝日新聞』1985年5月10日付夕刊)。

 こうした背景を踏まえ、フェミ男は女性向けファッションで用いられていた「フェミニン」と「フェミニズム」が混在する形で「女性のような雰囲気が漂う男性」を指す言葉として用いられ始めるようになったといえます。

1993年9月頃から登場した「フェミ男」


【画像】今でもセクシー! 元祖フェミ男「武田真治さん」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210825_femi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_femi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_femi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_femi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画