クイズ番組から出版物まで 現代日本に「東大コンテンツ」があふれかえっている理由

近年、日本では「東大」を冠したコンテンツなどが広く流通しています。その背景にはいったい何があるのでしょうか。日沖コンサルティング事務所代表の日沖健さんが解説します。


東大ブームはなぜ起こったか?

 このところテレビではクイズ番組「東大王」(TBS系)を始めとして、東京大学(文京区本郷)を意味する「東大」や「東大生」をタイトルにした番組をよく見かけます。発端は、2016年の「日曜ファミリア・さんまの東大方程式」(フジテレビ系)でした。

 テレビ番組だけではありません。出版業界でも、『東大生が書いた世界一やさしい株の教科書』(PHP研究所)といった東大・東大生をアピールする出版物が目立ちます。

 ネット記事でも、タイトルに「東大」と入れると閲覧数が増えるそうです。メディアの世界は、“東大ブーム”というべき状況になっています。

クイズ番組「東大王」(画像:TBS)

 今回は、なぜ東大ブームが起きたのか考えてみましょう。

東大ブームは日本の珍現象

 世界に目を向けると、アメリカでは学生起業家を取材したらハーバード大生だった、ということはあっても、一般のハーバード大生を取り上げて大々的に報道することはありません。まして、ハーバード大生をアピールしてレギュラー番組を作ることはありません。

ハーバード大学(画像:写真AC)

 日本よりも学歴信仰が強い韓国でも、メディアでのソウル大ブームは起きていません。

 私の知人で日本通のシンガポール人(シンガポール大OG)は、東大ブームを「不可解な現象」と言っていました。東大生ブームは、日本独特の珍現象と言えそうです。

 東大が日本一の大学であること、東大生が日本一優秀であることは、明治時代からずっと変わりません。にもかかわらず東大ブームがにわかに起きているのは、東大・東大生よりも、日本社会・日本人が最近変わったということでしょうか。

キーワードは「権威の失墜」


【画像】2020年に発売された「東大 関連本」を見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_todai_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画