90年代~令和の「アイス」人気フレーバーTOP5! 知らぬ間に消えた“2つの味” あなたは思い出せますか?

夏になると余計に食べたくなるものナンバー1、アイスクリーム。不動の1位を守り抜くフレーバーがある一方で、いつの間にかベスト5から消えていた味も。その変遷や時代背景について、ライターの鳴海汐さんが解説します。


クッキー&クリーム、人気復活のワケとは

 クッキー&クリームは2016年からはベスト5に必ず入っているのですが、2008(平成20)年にランクイン後の再ブレークでした。

 これについては「濃厚トレンド」のせいかもしれないと考えました。「景気が悪くなると、確かな手応えや食べ応えを得るために、濃い味が売れるという分析」があるそうです(2018年1月23日付、『博報堂WEBマガジン センタードット、ヒット習慣予報』)。

 2015年に日本は景気後退の認定があり、2016年はチョコレート製品ですが明治メルティーキッスの「フルーティー濃いちご」「薫る濃抹茶」が登場。そのあたりからCMでもグルメ番組でも、「濃厚」というフレーズがすごく評価されるようになった印象があります。

 クッキー&クリームの場合、濃厚な味わいに加え、クッキーの箇所が食べ応えをアップさせています。

いつのまにかベスト5から去った2つの味

 クッキー&クリームがベスト5に入る前に人気だったのが、「ミルク」と「あずき」です。

 たしかに一時期「ジャージー牛乳」などミルク味が話題になることが多い時期がありました。2006年から2015年にかけてランクインしています。「『ミルク』と『バニラ』は違ったんだ。バニラは香料だったのだ」と気づいた人もいたことでしょう。

ちょっとレトロな懐かしさを覚える、あずき味のアイスクリーム(画像:写真AC)

 その前にベスト5常連だったのが「あずき」。かき氷やアイスクリーム、モナカもありますが、一番有名なのは「井村屋のあずきバー」に間違いありません。

 地味な印象ながら癖になるおいしさのあずきバーは、マルチパックは60~70代、1本売りは40~50代がメインの客層だそうです(2021年7月1日付、『マネー現代』)。

人気下落というより、もはや国民食に?


【画像】“消えた味”とは? 歴代ランキング

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_ice_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画