双子パンダ誕生で盛り上がる「上野動物園」 たくましき便乗商品と繁殖の歴史をたどる

上野動物園のシンシンが6月23日、双子の赤ちゃんを出産しました。今回はこの出産を契機に上野動物園のパンダの歴史を振り返ります。解説してくれるのはフリーライターの犬神瞳子さんです。


日本初のパンダは官房長官がお出迎え

 上野動物園(台東区上野公園)のメスのジャイアントパンダ・シンシンが6月23日(水)、双子の赤ちゃんを出産し、ネットで大きな話題となりました。

 同園最初のパンダは、1972(昭和47)年9月の日中国交正常化を記念して中国から贈られたカンカンとランランです。やって来たのは翌10月で、専用機をチャーターされ、羽田空港には当時の二階堂進官房長官(当時)が出迎える、まさに賓客扱いでした。

 それまでパンダを見たことのある日本人はほとんどいなかったため、たちまち大ブームになり、公開初日は6万人が列をなしました。余りの人の多さに、並んだ人たちは立ち止まることもできず、30秒ほどでパンダの前を通り過ぎるという大変な見学でした。

パンダの繁殖と消えた小さな命

 以降、上野動物園ではパンダの繁殖が取り組まれました。

 飼育開始後、交尾自体は複数回確認できたものの、残念ながら妊娠には至らず、その後、1979(昭和54)年にランランが死亡した際には、解剖で胎児が確認され、国民の間には落胆が広がりました。

 新たな挑戦は1980年にやってきたメスのホァンホァンと、1982年にやってきたオスのフェイフェイのカップルです。この2匹は交尾には至らなかったため、上野動物園は新たな試みとして人工授精を実施。結果は成功し、1985年6月27日に日本で初めてのパンダが誕生します。しかしこの赤ちゃんパンダは、母親であるホァンホァンの下敷きになり、わずか45時間の短い生涯を終えました。

上野動物園のパンダのオブジェ(画像:写真AC)

 その後の調査でこの赤ちゃんは、人間であれば妊娠14~15週で生まれた未熟児だったことが明らかになっています。短い生涯を終えた赤ちゃんパンダでしたが、名前がないのはかわいそうと、9月になりチュチュ(初初の意味)の名前が与えられました。

 このニュースは全国を悲しみに包み、赤ちゃんを失った母親のホァンホァンの動向が幾度も報じられています。なお動物園には、出産が報じられた直後からお祝いの手紙や電話、電報などが届き、上野のデパートや商店街、上野駅構内には「おめでとう」の垂れ幕や貼り紙が貼られていました。

 上野6丁目商店街連合会はパンダの親子のイラストが入ったうちわ10万本を配布し、お中元シーズンに際して「好々(ハオハオ)セール」の開催を決めていましたが、これらもすべて取りやめになり、上野の街全体が沈痛な気持ちに包まれていました。

人工授精に再度挑戦


【画像】パンダ誕生を祝う「松坂屋上野店」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210624_panda_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210624_panda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210624_panda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210624_panda_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210624_panda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210624_panda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210624_panda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210624_panda_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画