アナログレコードがCD真っ盛りの「90年代」に消滅しなかったワケ

音楽配信サービスが日々加速するなか、その対極とも言える音楽レコードにも注目が集まっています。その歴史について、20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


大きすぎた昔のステレオセット

 レコードは、スマートフォンひとつあれば何万曲も簡単に聴ける時代にあって、その人気が衰えていません。過去の技術でありながら愛好者が多い趣味として、フィルムカメラと双璧をなしていると言えるかもしれません。

レコードプレーヤー(画像:写真AC)

 そんなレコードも存続の危機を迎えた時期がありました。

 言うまでもなく、レコードを聴くにはレコードプレーヤーが必要です。しかしかつての東京でレコードプレーヤーは、

「魅力はあるが、生活を犠牲にしなくてはならないもの」

でした。40歳以上の人は覚えているでしょうか。自宅に置かれた、それはそれは大きなスピーカーとステレオセットを。

 レコードプレーヤー自体も大きいですが、それを聞くためのステレオセット一式がなにしろ部屋の面積をとったのです。レコードプレーヤーの下にはアンプが入り、その下にはレコードを並べるスペースのある本体部分。そして、子どもの背丈くらいの大きさがあるスピーカーがふたつ……

 東京で暮らす人は、こんな大きなものを狭いアパートの一室に、または一戸建てであればリビングに置いていたわけです。今から考えると、よくもまあ音楽を聴くためだけにあんなものを置いていたのかと思います。

 加えて、東京の住宅事情では、巨大なスピーカーがあったところで、本来のスペックを楽しむことは困難です。ステレオセットのスタイルは家具調からコンポーネントステレオ(スピーカー、アンプ、プレーヤーがそれぞれ独立し単体化された形のステレオ)へと変化しても、サイズの大きさは不変でした。

 CDの普及が始まり、ミニコンポを各社が販売するようになると、従来のステレオセットは次第に廃れ、レコード自体もCDに比べて「時代遅れの技術」として衰退していきました。

安価なCDラジカセの登場


【日本レコード協会調べ】「2020年音楽配信売り上げ」は783億円で、7年連続プラス成長! 3年連続2桁増を達成

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210802_record_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210802_record_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210802_record_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210802_record_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210802_record_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210802_record_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210802_record_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画