名作ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』から約20年――舞台となった池袋の公園は今どうなっている?

2000年にテレビドラマ化され、若者の間で社会現象を巻き起こした名作ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』。その舞台となった池袋の公園の変化について解説します。


ドラマ放送当時の公園

 石田衣良(いしだいら)さんによる小説『池袋ウエストゲートパーク』。「池袋のトラブルシューター」こと、真島誠(マコト)が、次々起こる難事件に立ち向かうというストーリーで、池袋という土地柄や人々の様相を描いた人気作です。

『池袋ウエストゲートパーク』(画像:TBS、Paravi)

 本作は2000(平成12)年、TBSでテレビドラマ化。主演は長瀬智也さん、ほかにも窪塚洋介さん、山下智久さんなどが出演しました。また脚本を『木更津キャッツアイ』『あまちゃん』などの宮藤官九郎さん、演出を『金田一少年の事件簿』『トリック』などの堤幸彦さんが担当するなど、キャスト以外のスタッフ陣もそうそうたる顔ぶれとなっています。

 劇中でマコトが仲間と集まる場所として頻繁に使われていたのが、池袋西口公園(豊島区西池袋)です。ドラマ内で、この公園は行き場のない若者がたむろする場所として描かれています。実際、かつては「薄暗くてガラのよくない場所」という共通認識を持たれていました。

劇場型公園にリニューアル

 このようにマイナスな印象の強い池袋西口公園でしたが、2019年にリニューアル。誰もが楽しめる、開かれた劇場型公園として、再スタートを切りました。新たなランドマークとして、直径35mにもなるリング型モニュメント「グローバルリング」が、公園中空部に設置されています。これは五線譜をイメージです。

 さらに1万以上の発光ダイオード(LED)ライトや8chのサウンドシステム、大型ビジョンなども設置されています。これらの機材と公園中央の噴水を連動させ、デジタルアートコンテンツを上映することも可能です。なんとも近代的かつスタイリッシュな話です。

豊島区西池袋にある池袋西口公園(画像:(C)Google)

 またグローバルリングと併せて野外劇場も整備されています。クラシックコンサート、演劇、ダンスイベントなどいろいろな用途への対応が可能です。さらに食事、アルコールを提供するカフェも併設されています。

 総じて新しくなった西口公園は、近代的な雰囲気を感じられると同時に用途の幅も増え、多くの人に親しまれやすくなったといえるでしょう。

 ちなみに『池袋ウエストゲートパーク』は2020年にアニメ化もされていますが、公園はリニューアル後の姿で描かれています。

かつては消滅が危惧されていた豊島区


【画像】マコトが仲間と集まっていた「池袋西口公園」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_ike_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画