餃子の肉汁からジュワッとにじむ、戦後日本の復活スタミナ物語【連載】アタマで食べる東京フード(2)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。


餃子の元祖店は、渋谷にあった?

 地下鉄の赤坂駅、乃木坂駅、青山一丁目駅からそれぞれ歩いて10分ほど、地元仕様の小さな商店街の、そのまた細い路地に、昼時ともなると長い行列が出現します。

 行列の先にあるのが、「珉珉」。この中華料理店こそが、日本の餃子(ギョーザ)発祥の店の直系の子孫なのです。

「焼餃子」600円。ほかに水餃子、炒餃子(揚げ餃子)、炒醤餃子(肉みそのあんがけ)もある(画像:畑中三応子)

 今では国民食のひとつになった餃子ですが、それほど古い料理ではありません。

 大昔の中国料理のレシピ本を読むと、載ってはいます。しかし戦前までは、そもそも数が少なかった中国料理の店で、出しているところはほぼ皆無。人気があったのはシューマイで、注文しなくても出してくれて、食べただけ払えばいい店もあったそうです。

 餃子はもともと、中国東北部でよく食べられている点心(軽食)。戦争が終わり、満州から引き上げてきた人々が、現地で覚えた餃子を再現してみたのが始まりです。

 餃子元祖を名乗る店は全国にいくつかありますが、そのなかでもっとも有力視されているのが、渋谷「有楽」説。

 根拠は、食通で知られたコメディアン・古川緑波(ふるかわ ろっぱ)の『ロッパの悲食記』にある「戦後はじめて、東京に出来た店に、ギョーザ屋がある。(中略)僕の知っている範囲では、渋谷の有楽という、バラック建の小さな店が、一番早い」というくだりです。

 この有楽は、1948(昭和23)年に引き揚げ者の高橋道博さんが、百軒店(ひゃっけんだな)で始めました。中国では使わないニンニクを入れたのも、最初の人とされます。中国人は、餃子を食べながら生のニンニクをかじるので、そこからひらめいたのかもしれません。

渋谷109周辺は、かつて餃子店がひしめいた


【地図】日本の餃子発祥店の直系! 「赤坂珉珉」の場所をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200318_minmin_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_minmin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_minmin_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_minmin_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_minmin_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_minmin_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_minmin_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_minmin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_minmin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_minmin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_minmin_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画