仕事と趣味で都内を歩き回っているライターが厳選「20~30代独身が住むべき街」ベスト5

東京都内には高級住宅街から庶民的な住宅街までさまざまなエリアがありますが、20~30代独身におすすめの街はどこでしょうか?


魅力的なエリアの多い東京

 大都会東京には魅力的なエリアがたくさんあります。言うまでもなく、多くの人が住みたがるエリアほど家賃は高くなります。

 収入や学歴などの分かりやすい指標に捉われなくなった人たちが増えた今でも、どの街に住んでいるかはひとつのステータスになり得ますし、そのために仕事を頑張っている人も多いのでしょう。

東京の住宅街(画像:写真AC)



 しかし、家賃が高いエリアが必ずしも住みやすいわけではありません。単身世帯か家族世帯かによっても異なりますし、収入の何割を家賃に使うかも考慮ししなければなりません。

 ということで、今回は20代独身で、仕事と趣味を兼ねて都内を歩き回っている筆者が「20~30代独身におすすめの街ベスト5」を紹介します。

5位.大泉学園(練馬区)

 第5位は、練馬区にある大泉学園です。

大泉学園(画像:(C)Google)

 大泉学園は都会でありながら自然も多く、閑静な住宅街が広がっており、とても住みやすい街です。西武池袋線の駅で乗降客数が多く、都心へのアクセスも抜群。

 これは個人的な話ですが、筆者がよく遊びに行く池袋まで乗り換えなしで約17分で行けるのも、うれしいポイントです。

 またファミリー層の割合が高く、とても治安が良いです。日本のアニメの発祥地として知られており、駅前には「鉄腕アトム」や「あしたのジョー」などといった有名アニメのモニュメントが建てられています。

 駅周辺には商業施設や飲食店がたくさんあり、都心へ出なくても十分楽しめます。利便性が高いにもかかわらず、家賃は東京23区の中でもかなり安い方です。

 家賃が安い理由は、練馬区の西側に位置し、埼玉県に隣接していることが挙げられます。しかし都心へのアクセスも良いため、穴場のエリアと言えるでしょう。治安の良さと家賃の安さ、そして池袋へのアクセスの良さを考慮し、第5位にしました。

4位.明大前(世田谷区)

 第4位は、世田谷区にある明大前です。

明大前(画像:(C)Google)

 明大前はその名の通り、明治大学和泉キャンパス周辺のエリアです。学生がたくさん住んでいることもあり、リーズナブルな飲食店が多く、自炊をしないひとり暮らしの人でも食費を抑えられます。外食中心の独身の人にはうれしいポイントです。ちなみに筆者も外食中心なのでうれしいです。

 最も魅力的なのは交通アクセスの良さです。電車の路線は「京王線」と「京王井の頭線」のふたつですが、主要駅である渋谷と新宿に乗り換えなしで約9分で行くことが可能。筆者がよく足を運ぶ下北沢や吉祥寺などにも乗り換えなしで行けるため、文句なしです。

 駅前はにぎやかですが、少し離れると静かな住宅街があり、住みやすさも問題ありません。都心に近いエリアですが治安も良く、商業施設やスーパーもあり、生活には困らないでしょう。家賃はそれなりにかかりますが、そこまで高くはありません。交通アクセスの良さとリーズナブルな飲食店が多い点を考慮し、第4位にしました。

3位.高円寺(杉並区)

 第3位は、杉並区にある高円寺です。

高円寺(画像:(C)Google)



 高円寺は古着の街として知られています。さまざまな種類の古着屋があり、おしゃれな若者が集うにぎやかなエリアです。ライブハウスがたくさんあり、バンドマンも多く、クリエーティブな活動をしている人は居心地が良いでしょう。音楽をやっている筆者にとっては、うれしいポイントです。

 駅周辺には約200店舗がある「純情通り商店街」があり、飲食店からカラオケボックスまで何でもそろっています。全体的に昔ながらのノスタルジックな雰囲気が漂っており、路地を歩くだけで心が落ち着きます。激安スーパーの数が多く、生活費を抑えられるのが魅力的なポイント。

 家賃が安く、都心へのアクセスも悪くありません。中野や阿佐ヶ谷などといった個性的な街と隣接しており、自転車で遊びに行くことも可能です。ライブハウスが多い点、生活費が安い点を考慮し、第3位にしました。

2位.本郷三丁目(文京区)

 第2位は、文京区にある本郷三丁目です。

 東京大学が近くにあり、喫茶店や古本屋が多く、街全体に落ち着いた雰囲気が漂っています。気品があって経済的に豊かな人が住んでいるエリアですので、治安がとても良いです。

 丸の内、銀座、大手町などのビジネス街にも、電車で10分以内に行ける交通アクセスの良さも魅力的。筆者は企業勤めをしていませんが、ビジネス街を歩くのが好きなため、うれしいポイントです。

 保育園や小学校もあり、子どもを連れて行けるお出かけスポットも充実しているため、子育てにも向いています。治安の良さ、ビジネス街へのアクセスの良さを考慮し、第2位にしました。

1位.二子玉川

 第1位は、世田谷区にある二子玉川です。

二子玉川(画像:(C)Google)



 二子玉川は、最先端のモダンな施設と緑豊かな自然が融合した、都内随一のおしゃれなエリアです。駅周辺には、二子玉川ライズや蔦屋書店などといった、スタイリッシュで洗練された商業施設が立ち並んでいます。おしゃれな建物が好きな人にとっては、たまらない街並みです。

 ショッピングから外食まで、何でもできる圧倒的な利便性。家賃は高めですが、静かで治安が良く、都心への交通アクセスも良いです。

 都会の良い部分と田舎の良い部分が両方そろっており、単身世帯でも家族世帯でも居心地が良いでしょう。ずばぬけたおしゃれさ、都会と田舎のバランス感を考慮し、第1位にしました。

 東京には住みやすい街がたくさんあります。家賃の高さが必ずしも住みやすさに直結するわけではありません。自分がどのような場所に住みたいかをしっかりと考えて、住む街を決めるようにしましょう。都内の憧れの街に住んで、充実した生活を送っていただければと思います。

 皆さんの「20~30代独身におすすめの街」はどこですか?


【東京版】街の幸福度(自治体)ランキングTOP10

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_15-150x109.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210911_town_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画