電車の網棚に「新聞・雑誌」を置いていくおじさんを最近見ないワケ

訪日外国人から「公共の場所にゴミ箱が少ない街」と指摘される東京。なぜ街角のゴミ箱は減ったのでしょうか。また、なぜ電車の網棚に新聞・雑誌がなくなったのでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


なぜゴミ箱が減ったのか

 コロナウイルスの影響で世の中の先行きは不透明ですが、オリンピック関連設備の改修は東京のあちこちで行われています。

 確かに、東京の街は次々ときれいに変わっています。しかし、きれいになった街に足りないものがあります。それは「ゴミ箱」です。

電車内にある網棚のイメージ(画像:写真AC)

 東京は、訪日外国人から「公共の場所にゴミ箱が少ない街」と指摘されています。実際に海外旅行をしてみると、その少なさがわかります。アジアやヨーロッパでは街角でゴミ箱と灰皿がよく設置されているのです。

 街角にゴミ箱が設置してあるからといって、街が清潔とは限らないのですが、とにかく海外ではよく設置されています。

 それでは、なぜ東京の公共の場所からゴミ箱は減ったのでしょうか。

ゴミ捨てマナーが変化した理由

 その理由として挙げられるのは、1995(平成7)年3月の地下鉄サリン事件です。

 この事件が発生するまで、日本人のゴミ捨てマナーは現在と大きく異なっていました。当時ゴミ箱は東京のあちこちにありましたが、ゴミ箱に捨てずに放置する人も少なくありませんでした。

ボックス席のイメージ(画像:写真AC)

 とりわけ象徴的だったのが電車内です。ボックス席では、座席の下にジュースの空き缶や弁当などがしばしば放置されていました。

電車内に存在した「究極のリサイクル」


【ゴミ削減に対する意識調査】21世紀は環境配慮の時代。あなたが普段から取り組んでいることは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200304_trash_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画