池袋の路上で堂々と「落書き」してる人が……実際の絵を見てツイッター民1.5万人が「いいね!」 いったいなぜ?

2021年7月30日

ライフ
ULM編集部

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されています。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


東京から消えゆく路上グラフィティー

 東京の繁華街でしばしば目にする道端の落書き。

「グラフィティー」と呼ばれ、スプレーやフェルトペンを使って壁面や店のシャッターなどに(主に無断で)描かれたものを指します。

 その数が特に多いとされる渋谷区では、「快適で美しいまちを目指す」として2021年度から区内全域の落書きを全て消す「落書き消去プロジェクト」を始動。都内の別の自治体でも今後、同様の取り組みが広がりを見せるかもしれません。

 街の景観向上や住民の安心安全といった観点から、少しずつ姿を消しゆく路上グラフィティー。しかし2021年7月29日(木)、ツイッターに画像が投稿された作品に対しては、それを見たユーザーたちから1.5万件もの いいね が集まりました(同月30日11時40分現在)。

 いったいなぜなのでしょうか。

池袋で、道に水をまいている男性が

 池袋で作品を発見しツイッターに画像を投稿したのは、J・さいろー(@sairo2nd)さん。

「道にずっと水まいてるおじさんがいて、あぶない人かと思ったら素敵な『次元』描いてた」

というひと言を添えた画像には、路上の白線から白線まで目いっぱいの大きさで描かれた『ルパン三世』のキャラクター次元大介が。

路上に水を使って描かれた『ルパン三世』のキャラクター次元大介(画像:J・さいろーさんのツイート)

 J・さいろーさんの言葉通り、これは水を使ったアート作品。細かな“筆遣い”で描かれた哀愁ただよう次元が、ほんのいっときだけ路上に姿を現したのでした。

 作品を見たツイッターユーザーたちからは

「上手……雰囲気が出てる」
「神絵師!」
「時間とともに消えていくアートだ」
「これは次元が違う」

と、驚きと歓喜の声が次々に寄せられました。

どんなに上手に描けても消えてしまう


【画像ギャラリー】路上に描かれた「ルパン」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210730_paint_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210730_paint_01-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画