30年続くブームに変化? いまテイクアウトで食べたい「激辛グルメ」とは?

1980年代から始まった激辛ブーム。その歴史と最新トレンドについて、ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の有木真理さんが解説します。


2021年注目の激辛グルメとは

 激辛グルメは夏になると必ずといっていいほど注目を集めます。そのブームは1980年代に始まり、すでに約30年の歴史があります。

 湖池屋(板橋区成増)のカラムーチョに代表されるスナック菓子からスタートした第1次激辛ブーム。それに続いて、第2次ブームは韓流(はんりゅう)ブームの影響もあり、韓国料理のほか、タイ料理などのアジア系激辛グルメが流行しました。

 2000年代に入ると第3次ブームが到来し、辛さは最高潮に。スナック菓子をきっかけに世界一の辛さと言われる唐辛子・ハバネロが話題となり、外食では蒙古タンメン中本の北極ラーメンなど、辛さが苦手な人は食べられないほどの激辛料理が一世を風靡(ふうび)しました。

 続いて第4次ブームは、

・花椒(ホアジャオ)
・ゆずこしょう
・わさび
・黒こしょう

など辛さのバラエティーが増し、その辛さは激化していきました。

 その激しさもバラエティーも最高潮に達した昨今、今度はただ辛いだけでなく、本格的な辛さに注目が集まりました。例えば、素材にこだわった生スパイスや国産スパイスがそれです。

コロナ禍の激辛グルメブームの行方は


【1位~16位】テイクアウトで食べたい「激辛メニュー」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210724_gekikara_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_gekikara_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_gekikara_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_gekikara_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_gekikara_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_gekikara_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画