新型コロナの「SNSデマ」を想起? 江戸から変わらぬ人間の行動様式を描いた『武助馬』とは【連載】東京すたこら落語マップ(11)

落語と聞くと、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? いやいや、そんなことありません。落語は笑えて、泣けて、感動できる庶民の文化。落語・伝統話芸ライターの櫻庭由紀子さんが江戸にまつわる噺を毎回やさしく解説します。


疫病のデマに巻き込まれた悲劇の落語家

 有事の際に必ずといっても良いほど現れるのが「デマ」です。古くは戦争や大火事、最近は震災で、そして令和の疫病でもさまざまなデマが出回りました。

 今回は、江戸時代元禄(げんろく)年間に流行した疫病「ソロリコロリ」にまつわるデマに巻き込まれ、島流しにあったという悲劇の落語家・鹿野武左衛門(しかの ぶざえもん)の創作落語「武助馬」の紹介です。

五粽亭広貞画「組討」。熊谷が沖へと向かう敦盛を呼び戻すという場面(画像:櫻庭由紀子)

※ ※ ※

 店を辞めた武助が、しばらくぶりに旦那のもとへやってくる。様子を聞いてみると、芝居好きだった武助は上方の嵐璃寛の弟子になったという。

「『蜜柑』という名をいただきましたが、3年たっても役がつきません」

という武助に、「桃栗三年柿八年というだろう、そのうち役がつくだろう」と慰めると、「春に役がつきました」という。どんな役が付いたのかと聞くと、忠臣蔵五段目のイノシシの役だという。その次は、菅原伝授手習鑑の配所の牛。「せりふがつかないので、江戸に戻ってきました」。

 旦那が誰の弟子になったのかと聞いてみると、「芝翫(しかん)の弟子になりまして、『一貫五百』と言う名をもらいました。この度やっと新富座へ出ることになりましたので、ぜひひとつごひいきに」という。

 何の役なのか聞いてみると「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)で、“組み討ち”のところに手前」という。ついに人間の役なのかと聞いてみると、

「へえ、馬の後ろ足になって大将を乗っけて一生懸命歩いています」

と、今度は馬だ。

 面倒見の良い旦那は、近所の衆を集めてにわかのひいき連を組んで見に行くことに。旦那は楽屋にも差し入れをするなど気を回してくれるので、武助も気分が良い。

 酒に酔って寝ている馬の足13年のベテランの熊右衛門を起こし、馬になろうと準備をしていると、熊右衛門が臭いのを一発。後ろの武助は閉口する。

 いよいよ熊谷直実の芝翫を乗せて花道登場。

 とはいえ、武助は馬の後ろ足なので声がかかるはずもない。旦那に褒めろと脅された近所の衆は「いいぞ、馬の足ー!」「よっ馬の足!後足の方だ」「武助馬、日本一!」とやけくそに声を張り上げ褒める。

 喜んだ武助は、芝翫を乗せたままぴょんぴょん。ついには「ヒヒヒーーーン!」といなないた。客席は大笑い。怒った芝翫は、幕後に武助を呼んだ。

 武助「飛んだり跳ねたり、さぞおやりにくかったことでしょう」

 芝翫「そうじゃねえ。お前、鳴きやがったな。なんだって後ろ足がいななくんだ」

 武助「へえ、でも熊右衛門さんは前足でオナラをしました」

江戸・大阪・京都で同時期に始まった落語の祖


【古地図】落語の舞台「日本橋人形町3丁目」の当時の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200708_rakugo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200708_rakugo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200708_rakugo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200708_rakugo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200708_rakugo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200708_rakugo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200708_rakugo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200708_rakugo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画