志願者が大幅増 明治大「政治経済学部」が早大のプライド「政経」を飲み込む日

MARCHの一角、明治大は一般入試やセンター利用入試での志願者が減少しているにもかかわらず、なぜか政治経済学部だけは増加しているといいます。いったいなぜでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


受験生に人気の明治大、しかし志願者減

 都内私立大の定員厳格化の影響で、早慶やMARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)が敬遠され、安全志向が色濃くなっています。その余波は、MARCHの中でも全国的知名度を誇る明治大に及んでいます。

 MARCHの中でも1~2位の受験者数を誇る明治大はここ数年の難化傾向を受け、一般入試やセンター利用入試での志願者が減少しています。このことからも、明治大を避ける動きが出ているのは間違いありません。

明治大・駿河台キャンパスにあるリバティタワーの外観(画像:写真AC)

 しかし、政治経済学部だけは前年度より志願者数が大幅に増加しているのです。いったいなぜでしょうか。

早大の政治経済学部の志願者は減少の一途

 政治経済学部といえば、一般的に早大の看板学部かつ、私立文系の最高峰である「政経」として思い浮かべる人が多いでしょう。

 早大の政治経済学部は定員厳格化の結果、以前よりも合格が難化しています。2017年度から2019年度までの入試のデータを見ると、一般入試とセンター利用入試の志願者数の合計は減少の一途をたどっています。

早大の大隈講堂の外観(画像:写真AC)

 現時点で確定しているセンター利用入試の政治経済学部の志願者数は2297人と、ここ5年間で最低を記録しています。2020年度の一般入試の出願締め切りは2月4日(火)までですが、筆者がこの原稿を執筆している1月31日(金)時点で5522人となっており、出足が鈍い状態です。

 これは早大の看板学部である政治経済学部の合格切符をつかみ取るのが難しいと判断した受験生が、早大を避けていると見るのが自然です。

確実に合格を狙う受験生が駆け込む


【ひと時の癒やし】受験あるある「受験川柳」に共感の嵐

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200201_meiji_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画