開催可否で紛糾も 結局、東京五輪は行われそうなワケ【連載】これからの「思考力」の話をしよう(4)

歴史の風雪に耐えた基礎的な理論・フレームワーク(思考の枠組み)を紹介し、現在でも色あせないその魅力について学んでいく連載シリーズの第4回。今回紹介する理論・フレームワークは「意思決定とプロスペクト理論」です。


オリンピックの開催・中止は難しい意思決定

 人生は、進学・結婚・就職・転居など意思決定の連続です。良い意思決定をできれば、人生は豊かになります。ただ、ときに極めて難しい意思決定に直面することがあります。

 今、日本人の頭を悩ましている難しい意思決定は、何と言っても東京オリンピックでしょう。7月23日の開幕が迫り、緊急事態宣言が発令されている状況で予定通り開催するべきか中止するべきか、揺れ動いています。

 オリンピックの意思決定が難しいのはなぜでしょうか。それにはいくつか理由があります。

新宿区霞ヶ丘町にある新国立競技場(画像:写真AC)

 第一に、誰がどう意思決定をするのか不明確なことです。

 オリンピックの開催都市契約では、中止を決定できるのは主催者の国際オリンピック委員会(IOC)だけです。ただ、この契約はIOCと開催都市・東京都との間で交わされたもので、国家間の条約ではないため、日本政府は契約履行の義務を負いません。今からでも中止に向けてIOCと交渉することが可能です(また交渉が決裂しても、選手の入国や競技施設の利用を制限するなどの方法で中止にすることができます)。

開催メリット・デメリットの比較が難しい


【データ】医師1339人に聞く「東京オリンピック開催可否」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_prospect_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画