首都圏女性の「ひとり中華」が飛躍的に増えている時代背景

外食市場に関する調査を行う「ホットペッパーグルメ外食総研」の上席研究員 稲垣昌宏さんが、女性の「ひとり外食」に関する調査結果を基に最近のトレンドを解説します。


女性の「ひとり外食」を後押しする、就業率の向上

 労働力人口の減少が危惧されるなか、政府は「1億総活躍社会」などのキャッチフレーズとともに就業率アップを目指してきました。とりわけ女性の就業率には、注目が集まっています。

 東京都の労働力調査では、2008(平成20)年から2018年の10年推移で、15歳以上人口に対する就業率が約8ポイントの上昇(48.4% → 56.1%)となっています。

 同じ10年で男性の就業率(73.2% → 73.6%)は1ポイント未満しか上昇していないことと比べても、この10年でいわゆる「女性の社会進出」は東京などの大都市圏で確実に進んでいると言ってよいでしょう。

ひとりで中華料理を楽しむ女性のイメージ(画像:写真AC)

 女性の社会進出に伴う食への影響として、内食(自炊)が減少し、中食(持ち帰り、デリバリーなど)や外食の実施率の増加が挙げられます。

「ホットペッパーグルメ外食総研」では、2012年10月から毎月、首都圏・東海圏・関西圏の3圏域で約1万人に夕方以降の外食・中食の相手や場所、予算などについて調査を行い、その結果を分析して発表を行ってきました。

 今回はそのデータの中から、女性の「ひとり外食」について、2015年度から2018年度の3年間での増減や変化の内容をご紹介したいと思います。

過去3年で女性の「ひとり外食」は14.2%も増加


【画像】バー女子も、中華女子も……増加中の「女性ひとり外食」の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200107_shoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_shoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_shoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_shoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_shoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_shoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200107_shoku_04-150x142.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画