YOASOBI、LiSA、NiziU……ヒット曲の「当たり年」だった2020年に比べて、今年いまいちパッとしないワケ

YOASOBI、瑛人、LiSA、NiziU、BTS……。2020年は大ヒット曲がめじろ押しだった「豊作の年」。それに対して2021年は、上半期が終わりましたが世間にインパクトを残すほどの楽曲が少ない印象です。なぜなのでしょうか。音楽ライターの村上麗奈さんが解説します。


東京に4度目の緊急事態宣言、影響は?

 上半期が終わり、2021年も折り返しを迎えました。2020年に引き続き、新型コロナウイルスは収束することなく、世の中に多大な影響を及ぼしています。

 東京都に対しては、7月12日(月)から4度目の緊急事態宣言が発令されることになりました。ライブやコンサートを含む大規模イベントは、上限5000人かつ収容率50%以下での開催という対策が盛り込まれています。

 8月の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」が中止となったことから、夏に向けてさらに影響が波及することも考えられます。

 そのような状況下で折り返した2021年。業界全体の動きではなく、楽曲のヒットの出方やシーンはどのように変化しているでしょうか。

 2020年は世の中の変化に伴い、音楽のシーンも大きく変化した年でした。

YOASOBI、瑛人、LiSA、NiziU、BTS、あいみょん……2020年の年間チャートはヒット曲にあふれた。では2021年は?(画像:写真AC)

 同年はじめに新型コロナウイルスが感染拡大し始めたことにより、アーティストの活動の仕方やその形が変化すると同時に、リスナーの生活の仕方も大きく変わりました。

 それにより、人々と音楽の関係性や存在感に変化が訪れました。動画プラットフォームが拡大するようになってから、音楽は聴くだけでなく使うものになりつつあると指摘されることがありましたが、その動きに拍車がかかったのです。

 配信ライブの急成長、YoutubeやTikTokといった動画投稿サイトの存在感など、音楽業界のトップニュースの様相が大きく変化しました。

TikTok発、紅白出場まで上りつめた例も


【音楽チャート】2020年と代わり映えしない?「2021年上半期」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_music2021_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画