ポケベル時代が生んだ名曲――懐かしのCMソング「渋谷で5時」を知っていますか

これまで数々の歌で歌われてきた東京。その中でも1990年代に盛んだったのが、渋谷に関する歌です。音楽ライターの鈴木啓之さんが解説します。


90年代にクローズアップされた「渋谷」

 昭和40~50年代の歌謡曲黄金時代、街をテーマにした歌がヒットチャートを最もにぎわせました。昭和の終わり頃に訪れたバブルを経て平成に入ると、J-POPの全盛期が訪れ、音楽の傾向も変化していきます。

 そんななか、かつて“ご当地ソング”などと呼ばれていた東京の歌も新たに生み出されました。

 それまでの東京の歌といえば、国際的な街「銀座」や、夜の社交場「赤坂」が歌われたムーディーな作品に始まり、やがて70年代になると、大衆に寄り添う街「新宿」の歌が、特に演歌の世界で頻繁に登場する様になります。

 それらは常に時代の空気が反映されていました。80年代後半のバブル絶頂期に、六本木や青山かいわいを舞台にした曲が多かったのもうなずけるでしょう。

 そして90年代にクローズアップされた東京の街といえば、やはり「渋谷」が筆頭に挙げられます。

渋谷ソングの決定版「渋谷で5時」

 もちろんそれまでも、道玄坂や公園通りを舞台にした渋谷の歌はありましたが、渋谷が若者の街として一気に華やいだのは、道玄坂の「ファッションコミュニティ109」が現在の「SHIBUYA109」に名称変更された1989年、つまり平成に入ってから。

 センター街がギャル文化の中心地となり、渋谷系サウンドがはやりつつあった90年代に、渋谷が歌われたヒットソングの決定版が誕生したのです。それが鈴木雅之と菊池桃子のデュエットによる「渋谷で5時」でした。

鈴木雅之のシングル「違う、そうじゃない」。カップリング曲が「渋谷で5時」(画像:エピックレコードジャパン)

 アルバム『Perfume』の1曲として、1993(平成5)年に発表された後、翌1994年にシングル「違う、そうじゃない」のカップリング曲としてリリース。流れるような掛け合いで好評を博し、1996年には改めてシングルのメイン曲として、リメーク・バ―ジョンが出されて定着しました。

楽曲に生まれた絶妙なコントラスト


【画像】「渋谷で5時」で共演 鈴木雅之×菊池桃子、12年ぶりのデュエット作品

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210518_shibuya_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_shibuya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_shibuya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_shibuya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_shibuya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_shibuya_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画