苺に桜、世界トップパティシエのめくるめく春スイーツが到来! 東京限定発売品も

2019年2月17日

ライフ
ULM編集部

パリを拠点とする「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の春スイーツが到来。イチゴをふんだんに使ったものや、桜を使ったスイーツなど、見た目にも心躍る春を感じさせてくれます。5種類のうち、4種類は東京だけで購入できる期間限定アイテムです。


サダ春ならぬ、サダハル アオキ氏の春を呼ぶスイーツ

 世界的なスイーツ激戦区のパリを拠点に活躍する、「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のパティシエ、サダハル アオキ氏。フランス最優秀パティシエやパリ市庁賞受賞、2018年のC.C.C.(フランスのショコラ愛好会によるショコラアワード)で5年連続最高位、8年連続の受賞を果たすなど、数々の輝かしい受賞歴をもつ、世界トップパティシエの一人です。現在、パリに5店舗、日本に5店舗を構えています。

パリにある「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の店舗(画像:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)
「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の定番商品で、ビビッドな色合いのケーキ(画像:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)

 その日本直営店で、イチゴや桜をモチーフにした春らしいスイーツが期間限定で5種類登場します(ひとつは既に販売中)。そのうちの4つは、東京だけで買えるプレミアムなケーキです。

期間限定販売の春スイーツ「フレジエ」920円(画像:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)

 アオキの春スイーツは毎年恒例で、その一番人気が「フレジエ」。

 フレジエはフランスの伝統菓子で、フレッシュなイチゴが側面にビッシリ。カスタードクリームをベースとした、卵と牛乳のおいしさがたっぷりと感じられるクリームを、香ばしいアーモンドの香りが印象的なダコワーズ生地でサンドしました。生地の上には、甘酸っぱいフランボワーズのコンフィチュールを。

 サダハル アオキ氏のお菓子作りの大きなこだわりのひとつである「生地」は、サクサクした食感。クリームのなめらかさも際立ち、イチゴの酸味が口の中に心地よく広がって味わいのコントラストを織り成します。3月1日(金)から5月上旬までの販売予定です。

 見た目にも春を感じさせてくれるのが「エクレール サクラ」。爽やかなピンク色と表面にあしらわれた桜の花のデコレーションに、心躍ります。

「エクレール サクラ」560円。長さ10~11cm(画像:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)

 サクランボのお酒「キルシュ」がふわりと香るカスタードクリームに、桜を使用したペーストを合わせ、シュー生地にたっぷりと詰めました。生地の上には、ピンク色のグラサージュ(砂糖衣)、桜のフレーク、塩漬けにした桜の花びらをトッピング。「甘さの中にほのかに感じる塩気は、桜餅を連想させるかのような春限定の味わい」といいます。

 こちらは、3月16日(土)から4月14日(日)までの販売予定です。

フォトジェニックな、かつての春スイーツ復刻ケーキが登場!


この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_sadaharuaoki_08-150x150.jpg

New Article

新着記事