平凡な「魚介系ラーメン店」が平凡な売り上げすら出せない5つのワケ【連載】これからの「思考力」の話をしよう(5)

歴史の風雪に耐えた基礎的な理論・フレームワーク(思考の枠組み)を紹介し、現在でも色あせないその魅力について学んでいく連載シリーズの第5回。今回紹介する理論・フレームワークは「QCDと先行優位性」です。


味も価格も問題ないのに……

 私(日沖健、日沖コンサルティング事務所代表)は先日、知人が経営する2020年オープンの東京都内にあるラーメン店へ行きました。平日13時過ぎに訪問したのですが、その時間でもほぼ客席が埋まっていて、店には活気がありました。

 しかし私が「順調そうですね」と店主の知人に尋ねると、知人は浮かぬ顔で「ランチ時はかなり客が増えてきましたが、まだまだです。家賃や人件費の負担が重くて、黒字化はしていません」ということでした。そして、「何がいけないんでしょうかね?」と逆に質問されました。

魚介系ラーメンのイメージ(画像:写真AC)

 その店は魚介系のニューウエーブのラーメンを提供しており、味は本格的です。ただ、都内ではこの系統のラーメンが増えており、他店と比べて抜群においしいかといわれると、「まあまあおいしい」というレベル。値段は、トッピングを足しても1000円未満で、他店と比べて高くも安くもありません。

 つまりこの店は

「何か特に悪いというわけではないが、特に際立って良い点もない」

という評価になります。

 店長は「サイドメニューを始めるとか、広告宣伝を打つとか、何かテコ入れする必要がありますかねぇ」とつぶやいていました。

 ただ本質的に何がいけないかというと、「タイミングが悪い」ということになります。この店の場合、タイミングとは次のふたつです。

・コロナ禍の厳しい市場環境で飲食店を始めた点
・他社に遅れて魚介系のニューウエーブのラーメンを始めた点

 そもそもの出店の意思決定が間違っていたという身もふたもない話なので、知人には伝えませんでしたが……。

ビジネスはタイミングが大事


【図表】コロナ禍で伸びた? 大手ラーメン通販サイトの「年間販売食数」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210706_qcd_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210706_qcd_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210706_qcd_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210706_qcd_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210706_qcd_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210706_qcd_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210706_qcd_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画