寂しいけど仕方ない――東京の再開発ラッシュを眺め、僕は50年後に思いをはせる

再開発という名の下、東京から懐かしい町並みが少しずつなくなっていきます。そんな現状について、酒場ライターのパリッコさんが持論を展開します。


王子駅前にあった「幻のような飲み屋街」

 2019年12月某日、僕は、JR王子駅近くの「さくら新道」にあるスナック「まち子」で、ひとり飲んでいました。

「さくら新道」の様子(画像:パリッコ)

 さくら新道は、王子駅のホームと「飛鳥山公園」(北区王子)の隙間にある、小さな小さな幻のような飲み屋街。往時は20軒以上の店が営業していたそうですが、2012年の5月に火事があり、3軒あったうち2軒の長屋が焼けてしまい、その景色が一変してしまいました。

 それからわずかに残っていた数軒の飲み屋も次々と店をたたみ、今は「まち子」ただ1軒が残るのみ。そのまち子も年内で閉店してしまうといううわさは、飲み友達から聞いていました。ずっと気になっていて、やっと足を運べたのがつい先日。すると確かに、入り口に張り紙が貼ってあります。

「スナック まち子は、平成31年12月末日まで営業させていただきます」

 時代が令和に突入する前に、すでに2019年いっぱいでの営業終了が決まっていたことがわかります。どんなに混雑しているだろうと思いながら、ゆっくりとドアを開けると、意外にも先客はおらず。

 そういえば以前、「常連さんの多くが高齢になり、あまり遅い時間まで飲んでいる人はいない」と聞いたな。時間は20時を回っており、もうピークタイムは過ぎていたのか。おかげで久しぶりに再会したママと、ゆっくりお話をさせてもらうことができもした。

薄れていく人々の街の記憶


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200117_oji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_oji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_oji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_oji_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画