戦争と感染症が生み出した奇跡の保存食 「缶詰」の知られざる歴史とは【連載】アタマで食べる東京フード(16)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。


コロナ禍でも需要が急拡大

 コロナの巣ごもり需要で、缶詰がよく売れています。

 2020年の3~4月は買いだめに走る人が多かったようで、2か月の累計売上高が前年比で25%も急伸。5月から買いだめは沈静化しましたが、家飲み用、料理材料として、いまも好調な売れ行きが続いています。

今や日常食のお供としても浸透した缶詰。その進化は、感染症流行、自然災害、戦争などの歴史と切り離せない(画像:写真AC)

「お酒のおつまみ」の缶詰ブームを巻き起こした「k&k缶つま」がそろう国分グルーブのセレクトショップ「ROJI日本橋」(中央区日本橋1)を訪ねてみて、缶詰を買いたくなる気持ちを身をもって体験しました。

「群馬県産 赤城山麓豚角煮」「さば味噌イタリアン」「マテ茶鶏のオリーブオイル漬け」「うにのコンソメジュレ」……と、メニュー名を読むだけでどんな味か興味がそそられるラインアップが80種あまり。ひとつずつ材料も味つけも個性的です。

 これがパカッと開けるだけでいつでも食べられて、常温で3年間も保存できるのですから便利のきわみ。従来の保存性に、高い嗜好(しこう)性が加味されたのが、現代の缶詰といえるでしょう。

 食の歴史をふり返ってみると、感染症流行、自然災害、戦争などの危機は、食品の保存性と衛生面に進化をもたらしたことがわかります。数ある保存食のなかでも、飛び抜けた大傑作である缶詰は、戦争から生まれました。

ナポレオンの要請で誕生した缶詰


【劇的進化】超バラエティー豊かな「現代の缶詰」(画像3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210522_kandume_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_kandume_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_kandume_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_kandume_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_kandume_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_kandume_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_kandume_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画