不動産チラシによくある「都心から~分」の表記 「都心」は東京駅を意味するも、本当に基点でよいのか?

不動産表記で「都心から~分」という文言を使う際、一般的に「都心 = 東京駅」とされています。東京駅を他の駅にするとイメージはどう変わるのでしょうか。住宅評論家の櫻井幸雄さんが解説します。


東京の基点は東京駅?

 千葉駅は都心から約40km・電車で40~50分、大宮駅は約30km・電車で20~30分、横浜駅は約30km・電車で約25分――首都圏で都心からの距離を示すとき、その基点は一般的に東京駅になります。

「東京駅は中心」だからと思われがちです。たしかに、大手町のビジネス街を日本経済の中心と考えれば、そして東京駅を始発駅とするJR路線が多いことを考えれば、東京駅が基点なるのは当然のことといえるかもしれません。

不動産チラシのイメージ(画像:写真AC)

 しかし、首都圏に暮らすすべての人が東京駅周辺のオフィスに勤めているわけではありません。また、JR東日本が発表している乗車人数ランキングの2019年版によると、JR東日本エリアで最も乗車人数が多いのは東京駅ではありません。第1位は新宿駅で、次が池袋駅。東京駅は3位なので、JR東日本の乗車人数だけでいえば、新宿駅を基点にしてもよさそうです。

 しかし、世界的な知名度でいえば「TOKYO」がずばぬけており、オーラの大きさからいっても、東京駅が基点となるのは収まりがよさそうです。

 さて、東京駅が基点になるのは当然として、そのことによって「得する場所」「損する場所」があるのをご存じでしょうか。なお、得する場所は都心に近い印象を与えられる場所で、損する場所は都心から遠いと思われがちな場所を指します。

 東京駅を基点にすることで得していると思えるのが、千葉県と東京23区内でも千葉県寄りの場所です。地図で見ると、東京駅が千葉県寄りに位置しているため、「都心に近い」ことをアピールできるからです。

吉祥寺駅より船橋駅のほうが近い


【SUUMO 2020年度版】「東京駅」まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210630_kogai_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画