東京五輪 都内小学校の相次ぐ観戦辞退は当然か? 灼熱の中、児童を引率するのが危険すぎるワケ

朝日新聞デジタルが報じた「東京オリパラ」観戦辞退問題。その背景にあるものを、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


真夏の集団行動は危険を伴う

 熱中症への不安を理由に、東京オリンピック・パラリンピックの観戦を辞退する東京の小学校が続出しているという記事が2019年12月10日(火)、朝日新聞デジタルで配信されました。

 今回は、児童たちが目の前でオリンピックやパラリンピックを観戦するという貴重な機会を辞退するに至った決断を考えて行きたいと思います。

熱中症防止のイメージ(画像:写真AC)

 自国開催のオリンピックやパラリンピックを観戦するという機会は、通常滅多にありません。同級生と観戦すれば、その子にとって一生の思い出になるでしょう。

 しかし報道にもあったように、辞退した学年は主に小学1年生から3年生までの低学年が中心です。児童たちが集団行動をしていると、教員はどうしても児童ひとりひとりに目を届けにくくなります。

 またオリンピックやパラリンピックの観戦は、交通渋滞を考慮して公共交通機関を利用する移動が推奨されていることから、トラブルに巻き込まれることなく全員を無事に引率できる保証もどこにもありません。

 児童が熱中症になったときに対応する教員も必要となり、引率の数を増やさなければなりません。迷子や連れ去りなど最悪の事態を想定すると、低学年児童を観戦に連れていくには教員側の覚悟が必要です。

 灼熱の中を移動し、長時間観戦することは危険を伴うものです。とくに、生まれたときからエアコンのある環境で育っている児童は、想像以上に体力を消耗します。学校側が観戦より児童を守ることを優先するのは、当然のことです。

公立学校のエアコン導入率はほぼ100%


【調査結果】2020年の夏は大丈夫? 医師が答える「熱中症対策」一挙公開

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191213_jitai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191213_jitai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191213_jitai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191213_jitai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191213_jitai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191213_jitai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191213_jitai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191213_jitai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画