渋谷パルコにも出店 東京で「立ち飲み天ぷら店」が注目を浴びているワケ

近年人気が高まっている立ち飲み天ぷら店。その背景にはいったい何があるのでしょうか。フードライターの小野員裕さんが解説します。


庶民にはなかなか手が届かない天ぷら

 東京で老舗天ぷらの名店と言えば、御茶ノ水にある「山の上ホテル」内にある「てんぷらと和食 山の上」(千代田区神田駿河台)ではないでしょうか。この店から巣立った職人は数多く、有名店では「てんぷら 深町」(中央区京橋)、ミシュランふたつ星を獲得した「てんぷら 近藤」(同区銀座)などがあります。

 また関西の老舗では、祇園四条の「天ぷら 京星」(京都市)や肥後橋の「一宝」(大阪市)。両店とも「天ぷらと和食 山の上」同様、多くの天ぷら職人を世に輩出しています。

 しかし本格的な天ぷらはランチで5000円以上、夜のコースで2万円前後と庶民にはなかなか手が届きません。お手軽な天ぷらとしては全国展開している「てんや」、「さん天」、「えびのや」など、誰もが一度はお世話になったことがあるはずです。

メニューが進化し続ける立ち飲み屋

 話は変わって、女子飲みや女子ひとり飲みが近頃ブームです。テレビ番組「女酒場放浪記」(BS-TBS)などの影響で、居酒屋、立ち飲み屋にもそんな女性客を多く見かけるようになりました。

 かつて「立ち飲み屋」は男所帯で、おつまみと言えば乾き物、缶詰、駄菓子など色気のないメニューばかり。しかし女性客の需要が増える中、しゃれた立ち飲み屋が方々のターミナル駅周辺に新規オープンするとともに、飲み物や食べ物が激変しています。

 地酒、ワイン、シャンパン、クラフトビールなど、カジュアルな和洋中、アジアンエスニック料理などを提供し始め、彩りのなかった立ち飲み屋が華やぎ、男性もその恩恵を受けるようになりました。

新生渋谷パルコにもオープン


【サクッとジューシー!】思わずお酒を飲みたくなる「天ぷら画像」の数々

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_tenpura_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画