熱き格闘バトルの記憶! 90年代の都内ゲーセンにあって、現代のオンラインゲームに無いものとは

オンラインゲームやeスポーツが盛んな現代のゲーム業界。しかし振り返れば90年代、ゲームセンターで向かい合い、熱いバトルを繰り広げた人々がいました。当時のゲーマーたちを熱狂させたものとは。そして現代のeスポーツの礎となったものとは――。


日本初のプロ格闘ゲーマーとは

『ウメハラ FIGHTING GAMERS!』(KADOKAWA)という作品をご存じでしょうか。実在する現役プロ格闘ゲーマー、梅原大吾選手の少年時代を描いた漫画です。

 ウメハラ選手は2010年(当時29歳)に日本人で初めてプロ格闘ゲーマーになった先駆者として知られています。

「30歳目前の29歳でプロゲーマーになった」と聞くと、プロゲーマーになるために努力をしてきて、その結果が29歳のときにやっと報われたのかな、と思うかもしれません。

 しかし、実はそうではありません。ウメハラ選手は17歳のときすでに世界一の座を手に入れており、10代の頃からプロゲーマーに匹敵する腕前を誇っていたのです。

 ではなぜ29歳までプロゲーマーにならなかったのでしょうか。それは、そもそも当時はプロゲーマーやeスポーツという概念がほとんど存在していなかったからです。

 ウメハラ選手は少年のときから、見返りが約束されていないゲームの中の世界で、ただ強さを追求し続けていたのでした。結果としてアメリカのとある企業の目にとまり、29歳のときにスポンサー契約する形でプロゲーマーとなったのです。

かつてのゲームセンターのイメージ(画像:写真AC)

『ウメハラ FIGHTING GAMERS!』では、ウメハラが数々の東京のゲームセンターでドラマティックな戦いを繰り広げます。

 巣鴨の「ナムコ プレイシティキャロット巣鴨店」(現在の「namco巣鴨店」)、池袋の「マルゲ屋」、新宿の「アミューズメントフォーラム モア」など、格闘ゲーマーのメッカともいえる東京のゲームセンターがいくつも登場するのです。

 今回は、本作を通して90年代東京のゲームセンターがその後のゲーム業界に残したインパクトについて探ります。

1990年代の東京とゲーム


【画像】日本初の「プロ格闘ゲーマー」って誰?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211105_game_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画