本場ドイツのバウムクーヘンを食べて想う、令和のクリスマスと『飛ぶ教室』

もうすぐクリスマスです。クリスマスといえば『飛ぶ教室』。『飛ぶ教室』といえばドイツ、ドイツといえばバウムクーヘンということで、バウムクーヘンの魅力について法政大学大学院教授の増淵敏之さんが解説します。


クリスマスとドイツと『飛ぶ教室』

 もうすぐクリスマスです。しかし筆者(増淵敏之。法政大学大学院政策創造研究科教授)は、今年も特別な予定はありません。

 さてこの時期になるといつも思い出すのは、ドイツ人作家のエーリッヒ・ケストナーによる児童文学小説『飛ぶ教室』(1933年)。クリスマス劇『飛ぶ教室』の稽古に励むギムナジウム(ヨーロッパの教育機関)の少年たちと、そのさなかに起こるさまざまな出来事を描いた作品です。ある日、主人公のマルティンに母親からの手紙が届きます。そこには、彼がクリスマスに帰省するための旅費が工面できなかったと書かれていたのです。

 しかしベク先生の配慮で、なんとか帰省できることに。マルティンがクリスマスの夜、両親とともに雪の道を教会に向かうシーンはとても感動的です。ヴァルター・トリヤ-の挿絵も印象的。現在でもクリスマスに贈る良書でしょう。なおドイツ文学者の池内紀さんが訳を手掛けた文庫本の帯には、「たとえ運が悪くても、元気を出せ。打たれ強くあれ―」と記されています。

『飛ぶ教室』は1933(昭和8)年の作品ですが、今もなお瑞々しさに溢れています。だから多くの人が愛読書に上げるのでしょう。筆者もこの作品を小学生の頃に初めて読み、大人になってからも何度となく読み返しています。

日本のバウムクーヘンの歴史はドイツ人から

 さてドイツというと、バウムクーヘンです。バウムクーヘンは中心にドーナツ状の穴があり、断面が樹木の年輪のような同心円状の模様が浮かび上がったケーキで、ドイツでは単純にツリーケーキとも呼ばれているようです。

バウムクーヘンのイメージ(画像:写真AC)

 日本のバウムクーヘンの歴史もドイツ人から始まっています。菓子職人のカール・ユーハイムが当時ドイツの租借地だった中国の青島(チンタオ)に店を開いて独立したのが、1909(明治42)年。彼は1915(大正4)年にドイツが第一次世界大戦で敗北したことによって、日本に捕虜として連行され、5年間の収容所生活を余儀なくされました。

 しかし1919(大正8)年に、広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)で日本初となるバウムクーヘンを焼き、その後、1922(大正11)年に横浜でドイツ菓子のお店「E・ユーハイム」を開店。これが現在の「ユーハイム」(神戸市)の原点となりました。

ついには国内で「博覧会」も開かれた


【画像】新元号の発表時に連日売り切れたというバウムクーヘン

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/191206_tobu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191206_tobu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191206_tobu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191206_tobu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191206_tobu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191206_tobu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191206_tobu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191206_tobu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画