名作映画『時をかける少女』 都内4か所がモデル地に選ばれた“必然性”とは?

いつまでも色あせない青春の輝きを放つ、細田守監督の映画『時をかける少女』。この作品に登場するシーンには、東京都内のスポットがモデルとなっているとされる場所がいくつもあります。それらの場所が作品の舞台に選ばれた理由とは何か。フリーライターの有馬里美さんが案内します。


東京都内の要所がいくつもモチーフに

 2021年8月現在、大ヒット上映中の細田守監督の最新アニメーション映画『竜とそばかすの姫』。

 その細田監督が手がけ、2006(平成18)年に公開された作品が、青春とタイムリープをテーマにした『時をかける少女』です。

 日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞を受賞したこの作品は公開から十数年経ちますが、今見ても色あせない青春の爽やかさ、切なさで多くのファンを魅了し続けています。

 高校2年生の紺野真琴は、あるきっかけで時をさかのぼる「タイムリープ」の能力を手に入れ、男友達の間宮千昭や津田功介たちとの何気ない毎日を楽しく過ごすために使います。

 しかし、千昭から告白されたことで、その楽しい日々は終わりを迎えることに。タイムリープの残り回数が0になって初めて、かけがえのない時間がそこにあったことに気づく真琴。一度しかない青春のきらめきが心を打つ作品です。

 この映画に登場する主要な場所は、東京国立博物館(都台東区上野公園)や哲学堂公園野球場(中野区松が丘)など、都内の要所がモチーフとされています。タイムリープにより作品内で繰り返し何度も描かれるため、それぞれの場所を印象深く思うファンも多いのではないでしょうか。

 今回は、最新作『竜とそばかすの姫』の原点ともいえる作品『時をかける少女』のモチーフとされる場所を、「過去と現在・未来」の切り口からご紹介。訪れると真琴と同じように「タイムリープ」した気分になれるはずです。

モノに宿る過去を伝える「東京国立博物館」


【画像】いつ見ても感動的! 映画「時かけ」メインビジュアル

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210818_tokikake_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_tokikake_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_tokikake_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_tokikake_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_tokikake_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画